FC2ブログ

思い切り良く♪

先日、古墳で向かい風に挑んで(笑)練習してきてから、何だか笛を吹くのに思い切りが良くなったような感じ。
今までは初動の音出しを、いい音出さなきゃみたいに、そ~っと吹き始めていたけど、それではなかなか音が続かず。
でも、最初から思い切りの良い音で吹いたら、まともな音(いい音とは言わないが…)が持続する。

笛には、「息の道」というのがあるらしい。
吹いて息を通すことで、その人独自の息の通る道筋ができるという事だが、思い切り良く吹くことで、その息の道ができているのかなと思う。
吹いているうちに、だんだん出にくかった音も、楽に出せるようになってくるし。
蘭情管の1の音が出にくくて難儀しているが、何曲も、何回も、吹いているうちに、だんだん音が出るようになって、ピッチもだんだん合っていくように感じる。


11月の発表会までのスケジュールを書き出して、練習の時に机の前に貼っているんやけど、さぁ、貼ってどうすりゃいい?みたいな・・・
計画立てるのが苦手な人でやんす。立てても、その通りにやった例がないでやんす。
ソロ演奏はやっぱりやめようか、とか心も揺れているでやんす・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

音が聞こえてきそう

ソロ演奏やりなさい。どう評価されようが、自分のために
なりますよ。

No title

 突然失礼します。

 ソロ 是非おやりになったら と思います。追い込まれると お稽古せざるをえません。結果はどうあれ、そこまでの過程が実を結びます。

 私の師匠は 「まず人前で10回独奏をしなさい。その後がスタートラインです。」と、、、。

私もあえて身の丈以上の曲を選んで崖っぷちで挑んでおります。

ししまるさま

コメントありがとうございます。

今日の日記にも書きましたが、ソロ演奏、やる事にしました!
やると決めたからには、不安な気持ちは捨てて、精一杯やれる事をやろうと思います。

shinonさま

コメントありがとうございます。

お久しぶりです。
shinonさんのお師匠様のお言葉、私の糧とさせていただきます。
10回独奏して、ようやくスタートラインなんですね。
私はまだ、卵の殻の中でもぞもぞ動いている胎児に過ぎませんね。

ご自分を追い込んで崖っぷちに挑まれている姿勢、私も見習いたいです。
失敗を恐れずに、何事にも前向きに挑んでいきたいと思います。
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR