FC2ブログ

今日はシダックスで篠笛練習。

いやぁ、今日は暑かったですね。
GW中は行けなかったので(祝日は料金がアレなんで)、久しぶりにガッツリと練習してきました。
私は汗だくなのに、笛は今日もからっからでやんす。


いつもは吹くばっかりなので、今回は、吹きながら気付いた自分の苦手なところを、紙に書き出してみました。
曲を数吹いていると、共通する苦手ポイントに気付く。

■甲音から呂音への移行……高い音のあとの三、二、一が1オクターブ上の音になる。
■7メと三メ……7メは音が鳴らない、三メは高い音から降りてくると鳴らない。
■七メ 、7メの連音……七孔を半分押さえたまま、六孔を押さえにいくのが難しい。
■0の音……2の次なら鳴るが、六の次だと鳴らず。(これはまったく摩訶不思議だ)

あと、こまごました点も入れれば、キリがないが…。
唇の当て方、息を吹き込む角度や強さ、指の押さえ方や手首の角度など、試行錯誤しながら、音がちゃんと出るポイントを絞り込んでいくしかないですな。
あと、指に力が入るのか、歌口が動いて唇の位置が変わってしまい、音が出なくなってるのかもと思ったりも。無駄な力を抜いて、笛ができるだけ動かないようにと気を付けてるんだけど、まだ気が付いたら力が入ってしまってる。

腹式呼吸と腹筋運動(言うほどやってないが)がちょっとは成果があるのか、今までより息が続くようになっている気がする。でも、甲音より呂音の低いところを吹く時に、まるで掃除機で吸い込まれていくように息が使われてしまう。これも息を持続させるコツがあるのかもしれん。


習いに行くのは金銭的な事情や色々条件が整わないんだけど、どこかでワークショップ的な催しがあれば、一度は参加してみたいと思ってる。何にしても、一度はプロの方の手ほどきを受けたい!!
先日、奈良の和楽器店に行ったら、奈良では教えてる人もいないし、やってる人も少ない、みたいな話をされていて何かガックリきてしまって…。
ほんま、奈良はな~んもないなぁ_| ̄|○ なんて落ち込んでるのも阿呆らしいし!
本当にいないのか、奈良の篠笛好きの人!!
スポンサーサイト



プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR