FC2ブログ

はぁ~(*´Д`)=з

のっけからドデカ溜め息で失礼いたしやした(笑)

加湿器をつけても湿度が48%あたりから上がらず、相変わらず笛の調子が良くなくて、かなり落ち込みモードでやす。室温も30℃になるし、悪条件にも程がある
一度、ダメ元で「エアコンつけて部屋を冷やしつつ、加湿器をつければいいんでは?」とやってみたら、湿度がどんどん下がって32%になって、慌ててエアコン消したっちゅう…。冷房の除湿効果半端ない

なんか、最近まともな練習ができてないなぁ。
今まで出せた音まで、だんだん出せなくなっている気がして、堪らなく焦ってくる。
一瞬笛の調子が良くなって録音してみるけど、やっぱり自分の耳にだけ良くなったように聞こえてるだけで、鳴らない笛を無理に吹いている、肩凝りしそうなガッチガチの演奏しかできておらず…

もっと世間が寒くなったら、加湿器の効果ももっと出るのかもなぁと思ってるけど。
夜中近くだと湿度55%くらいで部屋も涼しくなってるし、なんて好条件なんだよ!
夜中に練習したい!! 完全防備の防音室が欲しい!!!

…すんません、今回はガス抜きの愚痴祭り(苦笑)でおました。m(_ _)m
また気を取り直して(できるか分からんけど)、練習に励みます。
乾燥ごときで狼狽しないメンタルを鍛えることも必要やなぁ…
スポンサーサイト



加湿器が届いた。

今日の自室は、室温27℃、湿度43%。
やはり笛の音が何かおかしかったので、届いた加湿器をさっそく試してみた。

★20140926_02

徐々に湿度が上がり、一番音の調子がいいと感じた時に湿度計を見たら、56%。
さらに上昇し、59%くらいになってきたら、また笛の音がおかしくなってきた感じ。

篠笛の適湿は55~56%付近ってとこか。
加湿器を付けたり消したりして、適湿に調節するしかないようだ。
あと室温は28℃で落ち着いていた。こっちはちょっと高めかな。理想は20~25℃。
今更エアコンで冷やすわけにもいかず、気候がもう少し寒くなるのを待つしかないか。


ところで、先日UPした曼珠沙華の写真のこと。
黄色い花とのコラボ写真で、彼岸花の1本に細い蔓が巻いているのにふと気づき。
blogに載せるまで気づかなかったので、「おお」と思わず感動。自然が作る造形美

★20140926
【拡大写真】

適湿って…?

今日は雨模様で、練習を始めた時の自室は、温度26℃、湿度60%。
おお、いつもより20%も湿度が多い、これは期待できるかも!

と思ったのも束の間……。
乾燥している時と何ら変わらず、カラカラと変な音になり、まともに吹けず。
うそぉ~? こんなん聞いてへんわぁ~!!(誰も言うてないし)

どういうことやろ? 60%でもまだ湿度が足りてないのか? それとも逆に多すぎる?
ちょっと調べたら、ギターの適温・適湿は、20~25℃、40~60%らしい。篠笛の場合の数値が見つけられなかったので、だいたい同じくらいかなと判断。
練習しているうちに、室温は28℃に上昇した。温度が上がったせいで笛のコンディションが悪くなったってことか?

それとも、自分自身の吹き方とかコンディションの問題やったんかと、ちょっと吹いては歩き回ったり、ストレッチやったりして、余計な力が入らないように気をつけていたけど、結局最後までまともに吹けたものはナシ
もぉほんまに…今日は楽勝で、YouTube用のええのんが収穫できると思ったのに

篠笛にとっての適湿って何%なんやろう?
加湿器が届いたら、適湿探しせないかんなぁ。

曼珠沙華。

お天気の良い秋分の日。
ひとっぷえ吹いてから(笑)、彼岸花の写真を撮ろうと、地元界隈を歩いてきた。
神社では、秋祭前のしめ縄の掛け替え作業の真っ最中だった。暑い中ご苦労様でした。
いつも笛を吹きに行く古墳の近く、先日、彼岸花の蕾の写真を撮った辺りと、黒塚古墳の周辺に群生する彼岸花の写真を撮った。
以下、撮影順に。

★20140923_01
左上方にちょっぴり見えているのは三輪山。

★20140923_02
白いメッシュの入った彼岸花。遠目には萎れているように見えるが、これも綺麗。

★20140923_03
黄色い花とのコラボ。すんません、花の名前詳しくなくて…

★20140923_04
光の反射と花びらの影で、こんなグラデーションに。

★20140923_05
本日のお気に入りベスト1

★20140923_06
黒塚古墳のは、この最後の1枚だけだわ
この場所の彼岸花には夕日が当たって、炎のように輝いていた。
木の陰になった所とのコントラストが、何とも言えず妖しげな風情を醸し出し…。


いつも、萎れかけた頃にしか遭遇する機会がなかったので、こんなに満開の彼岸花を見たのは初めてで大満足。
春は桜、秋は彼岸花が好きな花。まさに「妖し」という言葉がよく似合う。
何がこんなに魅力なのかと考えたが、その姿形もさることながら、あの世とこの世を繋ぐ華という、その神秘性に魅かれるのかもしれない。

彼岸花と言えば、志方あきこさんの『朱隠し』という曲を思い出す。
「あかや あかしや あやかしの♪」という歌。
こういう和風の曲大好きだが、笛で吹くのは難しそう

写真を撮り始めたら夢中になってしまって、いつの間にやら60枚越!
「曼珠沙華」の画像ストックがたくさん出来てムフフ

先日、とあるJRの駅の線路脇に、赤と白の彼岸花が混ざって咲き連なっていて、思わず車窓から魅入ってしまっていた。今度は、白い彼岸花の写真も撮りに行きたいなぁ。

続きを読む

YouTube2曲追加♪「赤とんぼ」「もののけ姫」

宣言どおり(笑)、新しくYouTubeに2曲UPした
どちらも、自分にとって難攻不落の壁のような曲で、「やっと、漸く…」という感じ。



「赤とんぼ」
童謡って、ナメてたらあかんね
「♪小焼けぇ~の」の七2532をスムーズに、流れるように吹くのが、これ程難しいとは…。
甲音が破裂音にならないように吹く練習をしてから、少しはスムーズに吹けるようになってきたと思うが、5はまだ日替わりのように吹けたり吹けなかったり。
腹圧掛けるのは、その時の体調が大きく影響すると思う。健康管理ちゃんとせななぁ。



「もののけ姫」
うぅ…ついにこの日が…。゚(。ノω\。)゚・。
篠笛を始めた頃からずっと練習してきて、「一番最初に吹けるようになりたい曲」だったのが、こんなに難しい曲だとは思いもせず

1番だけだが、1分を越える曲は初心者にとっては長い曲。一音一音の精度もだが、だんだん唇の位置が動くのか、最後に近づくにつれ徐々に掠れた音になっていく。
歌口に唇をめり込ませるように当てても、メリ・カリなどやるうちにズレていくみたい。
最初の頃は二の音にも手こずっていたが、今は甲音のスースー音との格闘の日々。
腹圧をコントロールして、美しい甲音を出せるようになるのが今の目標!

ついに…と感涙に咽んでおるが(顔文字クンが)、まだまだ未熟にも程があるレベル。
この曲には殊更に思い入れがあるので、更に練習して、またUPしたいと思っている

乾燥の季節。

「篠笛は乾燥に弱い」
篠笛を始めた当初から聞き及んでいたことだが、思った以上に乾燥の影響を受けてしまうんやなぁと、約7ヶ月吹いてきてしみじみ感じている。
で、本格的な乾燥の季節到来に備えて、加湿器と温度湿度計を購入した。

今日、温度湿度計が先に届いた。

★20140922

さっそく笛の練習をしている自室に置いてみた。
自室の湿度:36~40%
設置して1時間位で正しい値が出るということで、ちょうど1時間後位の値が36%。
そこから練習しているうちに40%まで上昇。まさか、私の体から出る汗(水蒸気?)が湿度を上げたのか!?
湿度計の精度は如何ともし難いが、これはやっぱり乾燥ぎみか。しかも、閉め切っていると、26℃だった室温も30℃近くまで上がった。これでは、ますます乾燥する。夏の間、どんな数値になっていたのやら…

今日も吹いているうちにどんどん音がカスカスになっていったが、イラッとしそうになったら、「加湿器が来るまでの辛抱」と呪文のように呟いて心を鎮めていた。
もぉええ加減、乾燥とかに左右されず練習に専念したいでっせ
特に、まだ何も出来上がってない初心者のうちは、乾燥した笛の状態のほうに自分を合わせてしまって、正しい吹き方からどんどん遠ざかっていくような気がして…。

加湿器の到着はまだ数日かかるようなので、一日千秋の思いで待つことにする

新しいお稽古バッグ♪

買い物に出掛け、ふらり立ち寄った和雑貨のお店でトートバッグを購入。
大好きなお店で、イオンモールに出掛けるたびに、ついふらっと入ってしまう

★20140921_01

「1つ800円 2つで1000円」なら、迷わず2つ買うでしょう
A4が入るサイズだし和モノだし、篠笛のお稽古バッグにちょうどいいなぁと。
目移りしながら、この2点をチョイス。

★20140921_02

さっそく入れてみた。
今使ってるバッグより若干窮屈めだけど、必要な物は全部入りそう。
紫色を春夏用、茶色を秋冬用にしようかなぁと思ってる
10月からの音楽スタジオ練習は、茶色のトートでスタートじゃ!


あと、100均で和柄のてぬぐいを見つけて思わずGET。
セリアって洋風のお洒落雑貨が多いけど、和モノにも力入れ始めてる?期待してるよ。

★20140921_03

★20140921_04

さっそく敷いてみた。
篠笛関係の資料とかを仕舞うファイルボックスも購入。雑多にどんっと置いていたのが、少しはすっきりしたかな。手前に置いてあるのは、レコーダーとか露切りとかを仕舞ってある袋と、あと音楽スタジオ用のスリッパ。

10月から色々と一新されて、気分も新たに、また篠笛練習に精を出そう!

今日は音楽スタジオで練習。

今日は曇りで適度な湿度だったのか、とても笛の調子が良かった。
先週は泣いて(笑)吹いていたが、乾燥していないというだけで、こんなに違うものか。

唇、息、腹筋、、、とひとつひとつに神経質になりすぎて、余計な力が入り逆に音が出なくなってしまうという悪循環に陥っていたので、もっと大雑把にというか、もっと全体的なイメージで、リラックスした状態を心掛けながら吹くようにしている。
リラックスの中で、唇、息、腹筋、、、と吹きながら確認していく。息継ぎの後に肩をふっと下げるような感じにすれば、力みが軽減する。
とにかく、元々から体ガチガチの私は、リラックスすることを忘れてはならない。

録音するようになったので、シダックスでの練習はとりあえず終わりにして、10月からは音楽スタジオを4時間ずつ借りて、がっつり練習しようと思っている。
「4時間も疲れないですか!?」と驚かれてしもた 静かな環境だし、何より音の響きが良いのだ!!
そろそろYouTube投稿も再開しようかと思ってる。やっぱり刺激とお楽しみが必要

YouTube2曲追加♪~途中経過報告。

以前、次のYouTube投稿は1ヶ月後を目安に…とか書いていたけど、昨日の日記に書いた「スランプ」に陥る前に録画したものをUPすることにした。
いつもアドバイスいただく方に、データを送って聞いてもらったりしているんだけど、良くなってきていると褒めてくださり、「途中経過としてUPしてみたら?」と言ってくださったので、半月ぶりに投稿。
今現在での『一番良かった時の記録(笑)』として、残しておこうと思う。



「荒城の月」
前に投稿したのと聞き比べたら、自分でもスースー音が静かになったと感じる。
投稿するつもりで吹いていないので、結構荒っぽい吹き方になっている



「月の砂漠」
呂音から甲音への移行が破裂音にならずスムーズに吹けていると言ってもらえた。
どんだけ調子の悪い日でも、この呂~甲~呂の流れはスムーズに吹けるよう維持していきたいと思う。

今回画像がないのは、動画エディタで編集すると何故か音声の最後がブツッと切れてしまって、何回かアップロードからやり直したけどやっぱり切れるので、仕方なくMP3の画面のままで。もともとのデータをぎりぎりでカットしているのが悪いんやけど
せっかく画像探したのに残念やな~ 次にUPする用に取っておこう。


どんだけ難儀な楽器やろうと、やっぱり篠笛がやりたいと思うてしまう。
あのぴ~ひゃらの音色に魅せられてしもうたからには、他では代わりはでけへん。
また、せめてこのレベルを取り戻せるように精進あるのみや!

ちょっとだけ古墳で吹いてきた。

今日の「NHKのど自慢」は天理市からだった。天理駅で歌ってる二人組がチャンピオンになって、私まで嬉しくなった 夢に向かって頑張れ!


さてさて、すっかりご無沙汰しておりましたが、練習も思うようにはかどらず、ちょっとばかしスランプに陥って、「誰とも会いたくない症候群」(そんな病あるんか?)に苛まれておりました。
体調の悪い日から始まり、音楽スタジオが乾燥していて笛がスカスカで練習にならなかった日にピークを迎え…。
スカスカ笛に無理に合わせて吹いたりしたせいか、せっかく正しい方向へと向きかけていた吹き方が、また出来なくなってしまった。息と腹圧のバランスが上手く取れず、口の息で吹いてしまって掠れた音しか出ず…
こういう時は、無理に吹かんほうが良かったんやろな。悪い方にはすぐ転がり落ちる


で、これ以上スランプに嵌り込むのもヤバいと思い、気分転換に買い物に笛を持参。
天理駅前広場でちょっと吹こうかと思って、日蔭になる石のところに座ったものの、へたれ心臓は勇気が出せず、「この足で古墳に行くか」と、電車で戻りいつもの古墳へ。

★20140914_01

数ヶ月ぶりの古墳は、夏の間に草が育ち、まるでアルムおんじのお髭のよう…(笑)。

★20140914_02

人が踏みしめた跡があった場所に登り、吹き始めたが、風が強くてまともに吹けず
体の向きを変えて風の当たらない方向を探したが、風が回ってどちらを向いても息が風に吹き飛ばされる。
でも、風上に背を向けるより、風に向かって立って吹いたほうが、音は鳴ったように思う。意外な発見。
でも、風のせいだけじゃなく、笛をカバンに入れて出歩いている間に、高温に晒されて乾燥してしまっていたのかも。乾燥した部屋で吹いた時と同じような音だった。
こ、ここもあかんか、、、と、3曲ほど吹いて早々に引き上げ。

でも、真っ青な空と緑に囲まれ、風に吹かれているうちに、何か気分も良くなって、田んぼの畔に咲き始めている彼岸花を写真に撮ったりしながら、帰路についた。

★20140914_03

★20140914_04

無数の赤とんぼが陽の光を浴びて、私の前を後ろを飛び交う。
何と感動的な光景だったことか。

★20140914_05a
偶然撮れた赤とんぼ。ほらほら、よく見れば、中央の木と木の間に。
★20140914_05b<拡大図>


帰宅してまた吹いてみたが、今日はもう吹かんほうがええな…な有様(笛も自分も)で、久々に日記を書いている次第。(UPは随分遅くなったが)
まあ、テンションが浮上しただけでも、今日は収穫あったと思っておこう。
明日からまた気持ちを切り替えて、また基礎から、、、また基礎からかぁ、、、、
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR