FC2ブログ

今日も自宅で篠笛練習。

今日も今日とて、篠笛の自宅練習。

ちょっとゆったりと時間を取って、気持ちも落ち着けて、一音一音を綺麗な音に近づける事に意識をおいて。
どうしても力が入ってしまっていた指先も、一音ずつに意識を向けると自然と力が抜け、息の力みも取れると、ふっと澄んだ音が出る。
時間に追われ、気持ちが急いた状態では、やはり雑な練習しかできない。
毎日もっと気持ちに余裕を持って、ピンポイントな練習をやっていかねば。


先日の教室レッスンの時に、あまりにも音が出ない私に業を煮やし…いえいえ見るに見かねてか、「本当は来月教えようと思っていたんだけど…」と、先生が音出しの究極奥義(笑)を授けてくださった。
技術的なテクニックとかじゃなく、イメージの持ち方。
その効果あってか、初動の音出しがかなりスムーズに出来るようになった。
先生のご指導は、本当に凄いです!

でも、前倒ししてでも教えてくださったのは、「来月の発表会までにちゃんと音が出せるようになって、他の方たちの足を引っ張らないように」という先生からの愛の鞭だと心得て、しっかりとクリアして発表会に臨めるようにしておきたい!


★20150430

 ・・・ああ、お懐かしや、音之芯様、、、、


スポンサーサイト

若草山に登ってきた。

高校時代の友人と、奈良の若草山に登りに行ってきた。
夏のような陽射しの中、水分補給をまめにしながら、初めて登った若草山。

★20150427_01
いざ、出発。

★20150427_02
階段を上りながら、後ろを振り返りつつ。

★20150427_03
道標の上で烏がお出迎え。やけに烏がたくさんいたなぁ。

★20150427_04
もう一度振り返り、遠くの山並みを。

★20150427_05
一重目頂上。『鹿男あをによし』のキスシーンは、この場所らしい。

★20150427_06
下界を見つめ、ひとり何思う・・・

★20150427_07
二重目頂上。右手奥に奈良ドリームランド跡地も見える。

★20150427_08
ここだけ世界が違うような、荒涼たる雰囲気に何故か心魅かれ。

★20150427_09
三重目頂上、若草山のてっぺんに到着。

★20150427_10
風が吹いて日蔭は涼しく心地良かった。こんなてっぺんにも鹿が。

★20150427_11

こういう場所に立つと、万葉人の心持ちになったような気分になる。
万葉の民が眺めた風景は、どんなだったのだろう・・・

下りは膝ガクガク、足ぷるぷるでへろへろになったが、初めての若草山登頂はとても気持ち良かった。
思ったより手軽に登れる山だったので、また登りに行きたい

いつかは、このてっぺんで篠笛を吹いてみたいな


和雑貨いろいろ。

世間は今日からGWに突入でしょうか。
燦々と紫外線が降り注…いや、気持ちいい晴天に、ショッピングモールに出掛けた。

★20150425a

お気に入りの和雑貨のお店でお買い物。
眼鏡ケースと小物入れ、風呂敷は衝動買い(笑)。ほんま好きなやぁ、こういうの

★20150425b

小物入れは、篠笛用のこまごました物を入れる缶カン入れに。
なんと、大きさもピッタリ。

★20150425c

あと、100円ショップで桜柄の風呂敷を見つけて購入。
風呂敷ばっかりどないすんねん!と自分にツッコミつつ
青いほうはPCに掛けるカバーに。


★20150425d

これは、先日嵐山へ行った時に購入した友禅の小物入れ。
つゆ切りを入れる袋に使っている。

★20150425e

和雑貨じゃないけど、これも嵐山で買った「おたべ」。
実は、生協のカタログに載っているのを見た時から、この包装紙が欲しくて(笑)。
見つけた時は、思わず狂喜乱舞(心の中で)
ブックカバーを作ろうと思っていたけど、絵の部分を上手く使おうと思ったら寸法が足りず…

★20150425f

どこに使おうか考えた末、篠笛教室用のクリアファイルの表紙にしてみた。
説明するとややこしくなるので割愛だけど、破れたりしない状態で表紙の裏に張りつけてある。
大きさも丁度いい感じだし、こういうデザインのクリアファイルみたい?と我ながらお気に入り

篠笛を始めてから、和物好きに拍車がかかっているわ。


音楽スタジオで篠笛練習。

今日は音楽スタジオで練習の日。

先日の教室で教わった事を思い出しながら、発表会用の曲を練習。
いざ人前で発表、と思って吹いてみると、色々と問題点が見えてくる。
とにかく、最初の音を一発で出せるように。一、1の音を綺麗に。甲音が掠れないように。息がまだ強い・・・

人に聴いてもらえるレベルまで。
他の人の足を引っ張らないように。

教室で一緒に教わっている人が、とても頑張っていらっしゃる姿を見ると、「自分ももっと頑張らな」と刺激になる。そして、どのように練習すれば出来ない所を攻略できるだろうか、と考えるようになる。
いっぺんに改善しようと焦らずに、少しずつ、日々の積み重ねを続けて行こう。


篠笛教室でのレッスン*4回目

昨日は出口先生の教室レッスンの日。
今回から、篠笛教室と並行してリズムクラスの授業も受けることに。

リズムとは? から、リズムの刻み方、体でリズムを感じる実践など。
「リズム感」は音楽をやる上で必要不可欠のもの。
リズム音痴でダンスなどが苦手な私だが、カラオケではそれなりに歌えるので大丈夫かと思っていたが、リズムの刻み方を変えるだけで、より正確に滑らかにリズムに合わせて演奏もできる事を体感できた。
ざっくり言えば、「ノリのいい」体になれる! という事か。


そして、5月末に発表会に参加することに決まった。
「何か目標が…」なんて言っていたくせに、いざ決まるとかなり緊張
でも、何事にも前向きに参加していく気持ちを持たなければ!
今まで教わった事をおさらいしながら、しっかり練習に励もう。

春爛漫 古(いにしえ)の地で ぴぃひゃらら♪

(・・・タイトルは俳句風にしてみた。)

雨の合間の貴重なお天気の今日、散策を兼ねて古墳に吹きに行ってきた。

★20150418a
土手の草もずいぶん丈が伸び。黄色い花が満開。

★20150418b
まだ花の残る桜の木も。

やっぱり古墳の土手に上がると、風が強い。水辺って風が起こりやすいんだろうか?
風に翻弄されてなかなか音が出せなかったが、風が止んだ瞬間を逃さず一曲、一曲。
『さくらさくら』『荒城の月』『月の砂漠』『越後獅子の唄』・・・
上手く音の芯を掴めた時の、音の響きの良いことと言ったら…

今日は、いつにも増して歩いている人が多かった。
『越後獅子の唄』を吹いていた時、通りすがりのおじ様が足を止めて聴いてくださっていたようで、「いいよ~」と声を掛けてくださった。
何だか気恥ずかしかったけど、初めてだったので凄く嬉しかった。
ありがとうございます。これを励みに、いっそう精進いたします。

合間に切り株に腰掛けて持参のおやつを食べながら、心地良い風と景色を満喫。
いつまでも座っていたいと思うような、のんびりとしたぽかぽか日和だった。

★20150418c
いつもと反対側から撮影。


YouTube投稿『越後獅子の唄』

2日前には愚痴を書いて「ガス抜き」などとほざき、いつも愚痴る度に「書かなきゃ良かった」と後悔し、「もっとしっかりせんか」と自分に発破をかける、の繰り返し。

というわけで、今日は無我の境地で(笑)自宅練習。何故だかすこぶる笛の調子が良くて、久々にYouTubeに投稿してみようという気になり、一曲集中で練習と録音。



『越後獅子の唄』
美空ひばりさんの名曲。
以前投稿したものと聞き比べて、目に見えて(耳に聴こえて?)成長していないのが悲しいが、教室で教わった打ち指で装飾音を付けるテクニックを鋭意練習中なので、そこらへんが若干の変化だろうか?

調子の良い日は、高い音も無駄に力まずに鳴らせるようになってきた。
そうなってくると、音の芯を上手く捉えられている時と出来ていない時の、笛に吹き込む息の苦しさや、首・肩の力み具合の違いが自分で分かるようになってくる。


「目標がない」などと、、、「笛を上達すること」が今一番重要な目標であろうが!!
・・・という、音之芯様の愛の鞭が飛んできそうなので、四の五の言わず、一つでも物に出来るように、吹きます!ただひたすらにっ!!


★20150412


今日は音楽スタジオで篠笛練習。

今日は音楽スタジオでの練習の日。

最近、何というか、篠笛を吹くことの目的を見失っているというか…。
何のために練習してるんやろ、とか余計な事考えて、素直に楽しめなくなってる。
「○月○日演奏会」みたいな、具体的な目標がないからかなぁと思ったりもしているんやけど。

先生のレッスンに行った日がテンションのピークで、また一人で練習するうちに、どんどんテンションが下がっていって、上手く吹けなかったりすると気持ちまで落ち込んでしまう、悪循環。

なので、一人での練習も何か中身のない、ただ吹いてるだけ?みたいな感じになってる気がして、こんなんじゃいかんと思うと、また落ち込む悪循環。

元々が落ち込みやすい性格なので、一度落ちるとなかなか元に戻らないんやけど、何かひとつ明るい兆しがあれば、コロッと立ち直れる単純バカな性格でもあるので。

そんな事を言いつつも、今日も音之芯様とランデブー…いやいや、音だけは調子良く、4まで鳴ってくれた。
ほんま、音楽スタジオだと何でこんなに音が良く鳴るんだろう…?
でもまぁ、やった分はきっと身になっているはずだからと、自分に言い聞かせ。

すんません、今日はちょっと愚痴ってガス抜き。
聞いてもらえるの、ここしかないから…
あんまりいらん事考えずに、無理せんように、楽しめへん日は吹かんでもええやん、くらいの気分でいかな。
私も、一緒に音楽をやっていける人と出会いたいなぁ。


京都・嵐電嵐山駅。

京都・嵐山ひとり旅、怒涛の第三弾(笑)。
昨年、車折神社の事を調べている時に見た、嵐電嵐山駅の綺麗な着物柄の柱のライトアップ写真に魅せられて、いつか行ってみたいと思っていたのが、今回やっと念願が叶った。

★CIMG2699

★CIMG2700 ★CIMG2701

ホームのいたる所に柱が立っていて、想像していた以上に華やかな駅に心躍り。
写真は撮ってないが、お手洗いにも着物柄の柱と仕切り板が施されていて、「抜かりない…」と唸る。

★CIMG2703

この通路が写真撮影スポットになっていた。
自分の部屋にも何本か欲しい…(笑)

★CIMG2704 ★CIMG2705

★CIMG2707

★CIMG2708

占いのできる玉らしい。水面に映る色とりどりの柱と。
何か想像以上に凄すぎるぞ、嵐電嵐山駅・・・

★CIMG2709

竹林とのコントラストも美しい。・・・電柱が邪魔やけど(苦笑)。

★CIMG2766

★CIMG2769

★CIMG2773

着物柄に桜が映える

次はぜひ、夜のライトアップも見てみたい!!
以上、京都・嵐山おひとり様旅写真日記でした


京都・嵐山 渡月橋へ。

先日、4月2日の京都・嵐山ひとり旅の続編。
たぶん、初めての渡月橋。
何故「たぶん」かと言うと、20年以上前に東京の友人と大覚寺、天龍寺に行った事があるので、もしかしたら渡ったかもしれないけど、まったく記憶にないという…

★CIMG2710

★CIMG2716

流石にお花見シーズンたけなわで、こんなに沢山の人がいる場所で写真を撮った事がないので、どんな風に撮ればいいか四苦八苦。
とりあえずは、「渡月橋に来た」という証拠写真のような…(笑)
以下、撮影順に。

★CIMG2720
時代劇でよく見る、あの橋だ~~!(大はしゃぎ)
家に帰ってから気づいた、こんな大きな鳥が…

★CIMG2728
こちらの短い橋もいい風情を醸してます。
お気に入りの1枚

★CIMG2729

★CIMG2730

★CIMG2732
これもお気に入りの1枚

★CIMG2734
満開の桜の下は、お花見の人、人、人・・・

★CIMG2739
この風情が良すぎる…。時代劇好きにはたまらない風景です

★CIMG2747
上の写真と構図が似てしまったが(焦)、こういう撮り方好きだわ。松も良い

★CIMG2752

★CIMG2756
下を流れる川を撮っていたら、鳥が来てるのに気づいて、慌ててズーム

河原に腰掛け心地良い風に吹かれ、桜も堪能し、写真も心ゆくまで撮影して、渡月橋を後にした。
嵐電嵐山駅までの道すがら、お店を見て歩き、お土産などをお買い物。忍者グッズのお店に心魅かれてしまった
次はぜひ、秋の嵐山を見に行きたい!!


プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR