FC2ブログ

篠笛個人レッスン*3回目 & 教室レッスン*7回目

昨日は、出口先生の篠笛レッスン・リズムレッスンの日。
今回の個人レッスンでは、得るものがとても大きかった。


先生がこのblogを読んでくださっているみたいで(驚!)、私が発表会用に歌謡曲の練習をしていると知って、カラオケに合わせてのレッスンも良いだろうと、伴奏音源と楽譜を用意してくださり、それに合わせてレッスンを受けることになった。

六本調子でのレッスンをお願いしたので、それに合ったキーの「川の流れのように」を吹くことに。
知ってる曲なので初見でも吹けたけど、い…いきなり伴奏に合わせては、音がついて行かない!
案の定、一が鳴らず、先生が「低い音が出しにくそうやね、ちょっと貸して」と私の笛を手に取り、なんと「川の~」をフルコーラス演奏。

おおおお~~~~っ!
全然違う!! これが、この笛の本当の音なのかぁぁ!!!
どんなコンディションの笛にも合わせて吹けるのが、プロの実力なんやなぁ。


出だしが一からなので、最初の一音の出し方から指導していただく。
イメージを大切にされる先生のご指導は、身振り手振りも付けてイメージの仕方を理解しやすいように、視覚的にレクチャーしてくださる。

「息で吹かない」「響かせる」
その意味が、直接の指導を受けて、実際に吹いてみて、「こういう事やったんかな」と、やっと実感できたような気がした。
息で吹くと、ピッチが上がるし、薄っぺらな音になる。
私の体の中が見えてるの? と思うくらい、「あ、今息で吹いた」と指摘を受ける。
音って、ほんま正直なんやなぁ。

先生のご指導を意識しながら吹くと、先日書いた「息だけがふぉふぉと抜けて音が鳴らなくなっていく」という感覚はなくなったみたい。
やはり、あれは吹き方が間違っていたってことなんかな。
同じ「音が鳴らない」でも、感じが全然違う。

「理解する」のと「出来る」のは、別の話。
昨日覚えた感覚を忘れず、自分のものにして「当たり前」にできるように。


教室レッスンでは、新しいお囃子メソッドの楽譜をいただき、お囃子曲に通じる色々なフレーズを練習。
お囃子の速い音に対応できるように、指の側面~指の関節~手のひら~手首~肘までを意識した、滑らかな動かし方を教わる。
フレーズ自体は至って簡単な音の並びなのに、滑らかな動きを意識していると、逆に指の動きが不自然になる。普段の練習で、いかに疎かにしていたかを知る。

初めて篠笛を吹かれる方がいらして、音の出し方などの基礎から、私ももう一度おさらい。この辺りは独学だったので、何かラッキーな気分

しかし、「打ち指」と「指切り」の区別もついていなかった事に気づき、愕然とした。
 ●打ち指・・・鳴らす音の隣の指孔を瞬間的に閉じる。
 ●指切り・・・鳴らす音の指を瞬間的に開ける。
いつも「指切り」でやってる音を「打ち指」でやったら、指が思うように動かず焦った。
指一本一本にも気を配った、きめ細かな練習が必要やなぁと思った。

打ち指と指切りを合わせ技で使ったお囃子フレーズを、先生がぴぃひゃららとアドリブで演奏して見せてくださる。
くるくると回転するように動く、先生の指に圧倒。
オクターブ上の甲音で吹くと、さらにお囃子感が倍増。
これをぜひ、やれるようになりたいっ!


基礎の習得が、すべてに通じる。
イメージの習得、指の動かし方などの技術的な習得。
先生の仰る「基礎」が何か、ようやく自分の中でまとまってきたような気がする。


スポンサーサイト

暑中お見舞い申し上げます♪

近畿地方も梅雨明けして、いよいよ夏本番


今日も台所で篠笛練習
このところ、夏バテなのか体のだるさに負けて、笛の練習も手抜きになってしまっていたので、蘭情管七本調子は見事に鳴らなくなってしまった。
蘭情管を鳴らそうと必死になると、せっかく吹けていた楽遂管六本調子までおかしくなって音が出なくなってしまうので、ふたたび「蘭情管封印!」することに決めた。

以前、どなたかにアドバイスいただいたように、笛は一管ずつ習得していくのが最善の策のようだわ。
六本調子が調子良く吹けるようになったら、蘭情管も今より少しは吹けるようになっているかもと期待して。まだまだ蘭情管は、私の手には負えない品のようです。


というわけで、個人レッスンで貰った楽譜は六本調子と八本調子で練習することに。
前回は七本調子でレッスンを受けたので、先生に「蘭情封印!」の旨を伝えなければ。
個人レッスンでは、六本調子でお願いするつもり。

その六本調子も、吹き始めは調子いいのに、だんだん一、二、三あたりの音が、息だけがふぉふぉと抜けて音が鳴らなくなっていく。
吹き始めてかれこれ一ヶ月になろうというのに、なかなか勘が掴めない。
八本調子より少し長くて、少し太いだけで、こんなに吹くのが難しくなるとは。


六本調子に息量を使うせいか、八本調子がぐんと吹き易く感じるようになった。
なので、こちらは演奏時間を長くしていけるように、歌謡曲などをフルコーラスで吹く練習をしたりしている。

今練習しているのは、「津軽のふるさと」「また君に恋してる」「月のしずく」「旅愁」。

前の3曲は、次の発表会でソロ演奏したい曲候補に選んでいたもの。
先生の楽譜を吹くようになるのかな?と思い、しばらく練習をサボっていた

「旅愁」は唱歌のじゃなくて、『必殺シリーズ』の主題歌のほうで、とても好きな歌なので、ぜひ吹けるようになりたいと思って、最近耳コピーしたもの。

今YouTubeで聴いていたけど、やっぱり『必殺』と言えば「冬の花」が記憶に残る。
この歌も大好きなので、そのうち耳コピーして吹いてみよう。
歌詞とメロディが沁みまくるのだ・・・。


      


ところで、ピアノを弾いていた頃に買った、こんな本を発掘した。
作曲して楽譜を書くために買ったんだったと思う。

★20150720

この本の巻末付録にコード表が載っていることに、今更ながらに気づいた。(なにせコードとか避けて通ってきた道なので

音階や調のページに色々書き込みしてあるが、まったく身についていない現実・・・
♯や♭が5つ以上並ぶと、脳がフリーズします。
コード表の和音全部に♯や♭がついているのを見て笑っている私(壊)、大丈夫か?

早くも拒絶反応を起こしてるわけやけど()、夜は笛の練習ができない代わりに、この本を読んでコード進行に慣れ親しむ努力をしてみるかな・・・。(だんだん小声)


我が家の避暑地で篠笛練習♪

昨日から、台所で篠笛の練習をしている(笑)。
私の部屋のあまりの悪条件(室温・湿度)に、母親が同情して(?)台所で吹いてもいいと。

台所は2階の自室よりそもそもの室温も低く、エアコンがよく効くし、何よりこのエアコン、最近購入した新しい型のもので、保湿をしてイオンミストも出してくれる。
エアコンをつける前の湿度が30%だったが、52%まで上がった。
お蔭で、とっても快適な環境で練習ができるようになった。
消費電力も本当に少ないし、凄いなぁ、今のエアコンって。

私の部屋のエアコンも同じタイプのものに付け替えようか、という話も浮上。
良い条件で見つかるまで台所で練習、という事で落ち着いた。

でも、今日は体調があまり良くなくて(早くも夏バテモード?)、七本調子、六本調子が上手く鳴らなかった。
八本調子は体調の影響なく吹けたけど。
猛暑に負けないように、体調管理もしっかりしなければ。


熱気と乾燥とガラクタの夏!

急に暑くなって、すっかり猛暑モード一直線!
皆さま、熱中症には充分にお気をつけくださいませ。


というわけで、またしてもこの季節がやってきたか・・・。
昨年の夏も、高温と乾燥に悩まされて、ろくに練習にならなかったのを思い出す。

今日はエアコンをつけてやったけど、やっぱり笛の音がガラクタになった。
同じ湿度32%でも、自然の状態では笛はちゃんと鳴るのに、エアコンをつけた時は鳴らなくなるのは何故だろう。
エアコンを切って扇風機にしても、部屋の熱気で笛の中が乾燥するのか、音を出すのに散々苦労した。

でも、「悪条件の中でも音が出せる特訓だ!」と開き直り、まさに力技(苦笑)で音を押し出しながらの練習。
お蔭でと言うべきか、腹圧のかけ方と喉の開き方が更に増幅されて、蘭情管の音がびっくりするくらい大きく響いた。
苦手の0と1は、また鳴らなくなってたけど。

しかし、力技はあかんやろ…

プロの人がどの程度の息加減、腹圧加減で笛を吹いているのか──?
「幽体離脱でもして、体内に入って加減を直に知りたい!」
・・・と言ったら、母親に鼻で笑われた。
こればかりは、どれだけ言葉で聞いても分からないもんなぁ・・・。


今日は音楽スタジオで篠笛練習。

今日は音楽スタジオで篠笛練習の日。


先日セッションした時のコード譜を、清書して作ってくださった。
コード表はさっぱり分からないんやけど、洋楽器と一緒に演奏するなら、ある程度は知っとかなあかんのかな?
NETで検索したらピアノコード表一覧が出てきたけど、見ただけで脳がフリーズ…

笛のピッチが合わなかった事も気にしてくださっていて、こちらのコメント欄で「弦楽器の方を篠笛に合わせる」というアドバイスをいただいた事を伝えたら、ギターなら微調整が出来る事など色々と話してくださった。
キーボードでも微調整できる事も分かった。
そして、「ピアノならどうだろう?」「複数の楽器と演奏する時は?」という話に及び、次の篠笛レッスンの時に先生に質問してくるという宿題になった。

篠笛が竹(天然の物)だから、温度差で音が上下するのだと思っていたが、吹奏楽の管楽器も同じように音が上下すると聞いて驚き。金属も竹も同じなんやなぁと。


      


ここからは、いつものように篠笛練習──。

この前は「先に六本調子から…」なんて書いたけど、やっぱり蘭情管七本調子も放っておけず、同時進行で練習することにした。
というわけで、今日は七本調子をメインに苦手な音克服メニューでの練習。


0と1の音がまったくと言っていいほど出せなかったが、「六020六」とか「七121七」とか「六01210六」などを反復練習するうちに、だんだん音が出てくるようになった。
でも、口を離してまた吹こうとすると、音が出なくなったり。

喉の中を他の笛を吹く時以上に大きく縦丸に開くイメージで、更にたっぷり潤っている状態をイメージしながら、思い切り膨らました風船をボゥンッと押し潰すようなイメージで腹圧をかけて息を吹き込むと、結構いい音が出る。(日本語長っ!)


0はなんとか良くなりつつあるが、1の音がどうやっても高くなる。
01が並ぶと、特に1の高さが際立って違和感ありまくり
一の音はばっちりチューナーのBに合ってるのに、弱い息で吹いたり、メリぎみにしてみたり、色々試してみても、やっぱり1の音は高い。

でも、だんだん吹いているうちに、0が入らなければさほど違和感なく聴こえるようになってきた。(耳が慣れてしもただけか?)
これから練習していくうちに、ええ案配の音になっていくんやろか…?


とうわけで、今日も即興で0と1の練習をしたのを録音してみた。
絶対音感のない私(涙)には、「其之五」の1の音も結構ええ感じに聴こえる。
失敗も込みで、練習風景を存分にご堪能くだされたく…(何言うとんねん)







六本調子♪

調子に乗って、今日も即興演奏をUPしました。




新しく購入した「楽遂管 ドレミ調六本調子」で、初めての録音。
まだ、手にして2週間しか経っていないのを言い訳に、音のマズさはご容赦の程…。

山の辺の道をイメージしながら吹いてみた。
途中で失敗したり、音が出なくなったりで、何度かやり直して、最終的に「一曲吹けた」達成感が得られたのを採用。
即興演奏って、終わりどころが難しい(笑)。


      


いつもお世話になっている、笛師・篠笛楽遂さんの二管目となる篠笛。
以前購入したのは唄用だったけど、今度のはドレミ調なので吹き易い。
八本調子より5cm長く、指孔の間隔も広いんだけど、すごく押さえやすい!
更に、0の音がバッチリ合っていて、カリぎみにする必要がなく、聴き心地も良い。
なので、手にしたその日から、とってもお気に入りの一管になりました。

勿論、音出しはまだまだ上手くはいかず、一、二、三あたりの低い音が、吹いているうちに出なくなってしまったり。
息の分量や吹き込み方の要領が、まだ掴めていないせいだと思う。あと、腹圧も息量も全然足りないっぽい!
七孔を開けた1の音は、最初から自然な音で出せたので嬉しい。
甲音が全体的にとてもよく響いて、澄んだ音で気持ちいい。

蘭情管七本調子に思いの外手こずっているので、先にこの六本調子から攻めていこうかと思っている。

うふふ、これで「もののけ姫」を原曲キーで吹けるわ


★20150708
マイ篠笛


YouTube投稿~即興演奏2曲♪

昨日UPした超音痴の篠笛演奏に凹みまくり、半ばヤケクソ(笑)で吹いた即興演奏。
普段から、曲練習の合間に思いつくままに指を動かして、即興で吹いて遊んだりしている。これが結構、打ち指の練習になったりしていいのだ。

録音しながら思いつくフレーズを吹いていって、よさげな部分を抜き出して2曲に分けてUPした。







音は掠れたりしている所もあるが、割とええ感じのん吹けたやん?と自己満足。
本当の即興演奏がどんなもんか、よく知らない奴の即興演奏なので、「あかんあかん、全然なってないわ」と思われるかもしれんけど

おかげでヘコんでた気持ちも浮上して、自分的には結果オーライ、かな。
何だか、「失敗したらどうしよう」とか「恥かいたらどうしよう」という気持ちが、「どうせ上手に吹けへんのや。今日のええのんを聴いてもらわな」という気持ちに吹っ切れてきたみたいな。
「吹っ切れスイッチ」ONでございます


セッション♪

昨日は、いつもお世話になっている音楽スタジオのアーリアさんにご招待いただいて、アーリアさんとアーリアさんファンの方とご一緒に、おしゃべりしたりセッションしたり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 アーリア オフィシャル ウェブサイト

「お遊びでセッションしましょう」と言ってくださっていたので、軽い気持ちでいましたら、ギターのヒイロさんが音合わせしながら、おもむろに紙にコード進行を書き始められたので、「ええっ、なんか本格的!?」と俄かに緊張(笑)。
そして、キーボードのやおこさんと三人で、軽くリハーサルをした後、録音しながらの本番演奏。


それが、これ。






明らかに篠笛の音がズレているのがお分かりの事でしょう。気持ち悪いほどに。

コード譜を作るために、篠笛とギターの音合わせをしていた時から、篠笛の音が若干高くなるのが気になっていたんです。
録音の時も、精一杯メリぎみに吹いたつもりが、音には反映されておらず。俄かに修正できるほどのテクは、まだ私にはなかった…

ドレミ管だから楽勝!と思っていたら、思いのほか篠笛のピッチってドレミと厳格には合っていない事がありありと。二と1がとくに高めになるような…?

洋楽器とのセッションの難しさを経験して、これからの課題も見えた。
ヒイロさんから、ピアノなどで伴奏の音を作って、それに合わせて練習する方法など、アドバイスもしていただけた。


頂いた音源を改めて聴いて、お二人の演奏の素晴らしさに溜め息つきながらも、それを台無しにする自分の演奏のマズさに、穴掘って入りたい心境に駆られ(号泣)。
でも、こんなド素人の私に「一緒にセッションを」と誘ってくださり、録音までしてくださったアーリアさんのお優しさを無にしない為にも、こうしてUPした次第です。
恥をかくのも進歩のうち、と言いますし。(恥の意味が違うと思うが…)

プロの方と一緒に演奏させていただくなんて、未熟な私には身に余る光栄
とても貴重な、嬉しい機会をくださって、本当にありがとうございました。
いつかまた、リベンジさせてください! 次こそ綺麗にハモった演奏がしたいです!!

もっと、洋楽器だけでなく色々な楽器の方と、一緒に練習する機会が欲しいなぁ。


音楽スタジオで篠笛練習。

今日は音楽スタジオで篠笛練習の日。

個人レッスンでいただいた楽譜を中心に練習。
この前にも書いた、イントロの16分音符とひたすら格闘中。

そして、蘭情管とも格闘中。
音の質はだいぶ上がってきたと思うけど、0と1の音がなかなか上手く鳴らず。
1は七孔を開ける方が音がよく鳴ると言う事だが、私の蘭情管は全然鳴らない。
むしろ基本の運指の1が割とよく鳴るので、こちらで押さえた方がいいのかなとも思うが、同じ曲を違う運指で練習すると、別の笛で吹こうとした時にごっちゃになって、そっちまで吹けなくなりそうなので、できれば七孔を開ける1を練習して会得したい。
まだ正しい吹き方に辿り着いていないだけだろうと思うし。竹心も最初は変な音でしか吹けなかったが、いつの間にか違和感のない音になっているし。

16分音符の早い音移動に、まだまだ息の加減が追いつかず。
低音から高音へ、高音から低音へ。
ゆっくりから練習して、息の出し加減を覚えながら、少しずつ早く吹いてみる。
指練習と息練習。

音の出し方ばかりに気を取られてはいられない。
フレーズごとの盛り上がり、滑らかな音の流れ、リズムに乗って演奏する事など。
人様に聴いてもらう事を意識しながら。
とにかく、焦らず繰り返し。笛吹きは1日にしてならず!

久々にがっつり4時間練習して、心晴れ晴れ。
もっと、どんどん上達していきたい!


プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR