FC2ブログ

篠笛個人レッスン*9回目 & 教室レッスン*12回目

一昨日は出口先生の篠笛レッスンの日でした。


★個人レッスン★
また新しい曲を作ったかと訊かれ、今年に入って出来た数曲の楽譜を見ていただく。
「半音を押さえるのが難しくて」と、半音をたくさん使った曲で指使いを教えていただこうと思ったら、そのまま作曲講座に突入!?
「繋がってない」「気持ち悪い」と、コテンパンにダメ出しされて結構落ち込み。
何よりもどかしいのは、先生の「気持ち悪い」が、私には分からない事。
「それは自分主体やからや」と言われたが、先生の感性とは合わないという事なのか、音楽理論的にも間違ったものを作っているという事なのか、どっちなんやろかと激しく悩み。(帰り道でもずっと悩み)
音楽理論的にも「気持ち悪い」モンを作って、それに気づけないんやとしたら、結構致命的なことやないんかと・・・。
曲作りはまったくの自己流で、それこそ感性だけで作っているようなもんなので、コード進行とかが分かる人には気持ち悪いモンを作ってしまってるのかも知れない。
でも作るときには、どれだけ悩んで音探しをしたとしても、やっぱり自分が気持ちいいと思うメロディにしか到達できないし、それ以外の音なら自分が作った曲とは思えない。(青い事言うてるんやろなぁ、やっぱり・・・)

・・・ていうか、篠笛を一人前に吹けるようになりたくて、教室とは別に個人レッスンまで受けているんやから、もう自作曲は自粛して、篠笛の吹き方をしっかり教えてもらうようにしなければ。
曲作りはあくまで息抜き、趣味の範囲でと思っているし、今は。


★リズムレッスン★
先月お休みしてるうちに、かなりレベルアップしてる?
「ポリリズム」というのを習った。(Perfumeの歌で何かそういうのんが・・・)
4拍子のリズムを聴きながら、3拍子のリズムを打っていく。
これが難しい!最初は、何が何やら訳わからん、という感じやった。
昔、右手と左手で四角と三角を同時に描くという遊び(?)をやったけど(笑)。
先生が口で「タンスタスタ・・・」と3拍子を取ってくださるのに合わせたら、どうにか入っていけて、やっているうちにだんだん3拍ずつのリズムにも乗れてきて、「あ、こんな曲どこかで聞いたことあるな」なんて思いながらリズムを刻む余裕も出てきた。
もともとが体の硬い(笑)リズム音痴の私は、体にリズムが入るまで人より時間が掛かるような。
・・・何か色々と、音楽やるには致命的な体質やなぁ・・・


★教室レッスン★
先月楽譜をいただいていた、ジャズナンバーの練習。
曲は『As Time Goes By』。
知らない曲だったので、YouTubeで曲を聴いてイメージを掴んでしっかり予習。
こちらの曲で、半音を押さえる時の指の形を盗む(笑)。
大甲1の音が他の人と共鳴しあってプルプルと波打っていたが、音程がピッタリ合っていないとそうなるという話で。
さすがに大甲1は超音波みたいな音になって、音程がどうとかも判別できない(泣)。
八本調子の大甲音は鳥とか落とせそうだな・・・

そして、先生が新しく作曲された練習用の楽譜も練習。
こちらは和テイストの私好みの素敵な曲。
伴奏付きの音源も聴かせていただき、さらに素敵度が増した曲にうっとり。
自分も自作曲にこうして伴奏とか付けたいなぁ。
先生の演奏に続いて数小節ずつ吹いていく。
先生の曲をじっくり分析(笑)して、自分の曲作りにも生かそう

一緒に習っている生徒さんが、コード進行の勉強もしていると話していらして、自分はなんやかやでコードの勉強はやらなくなってしまってるなぁと思い出し。
自作曲の伴奏作成にキーボードが欲しいなぁとか思っていたところだったので、ちょうど良いタイミングなのかなと、購入を検討しようと思い始めている。
コードが分かれば、「気持ち悪い」曲を作らんでも済むようになれるのかも?
Amazonで色々物色中。安いのでええねん

しかし、言うても詮無い事ながら・・・・・・ピアノ売るんやなかったァ~~~!!


    


★★おまけ★★
教室レッスンで練習の『As Time Goes By』。
知らない曲だと思っていたら、いつもよく聴いている真田広之さんのCDにカバー曲として入っている事に気づいて驚き!という後日談が。
ずっと、真田さんのために作られたオリジナル曲だと思っていた。
映画版ドーリー・ウィルソン氏の歌も沁みるが、真田さんバージョンも良いです

KC3Z0036


スポンサーサイト

年頭の所感・・・的な。

今日は自宅練習。
1時間しか練習時間が取れなかったので、八本と六本で仲良く半分ずつ(笑)。
指練習に15分+曲練習に15分ずつ。やらんよりはマシ!

  

年末にちょこっと部屋の模様替えをした。
それまでは篠笛の良い置き場所がなくて、机の上にぼんっと置いていたのだけど、
収納棚の配置換えなどをして、篠笛の置き場所を作った。

20160114a

頂き物のお菓子の箱も、篠笛を置いておくのにちょ~~どいいサイズで。
楽譜などの置き場所も作れて、ほんの片隅やけど篠笛の聖域ができて満足。


そして、これが我が愛器(笑)立平管八本調子と六本調子
今年1年はこの二管に専念でおます!

20160114b


昨年秋の発表会の頃から、練習プランとかを紙に書いて壁に貼り出す習慣ができた。
で、昨年見えてきた克服すべき点などを踏まえ、今年1年の目標を書き出して貼った。

2016年目標の大見出し(笑)は、
『篠笛を自在に吹きこなせるようになる!』

まあ、字面を見れば、それが出来りゃプロになれるよ!って感じやろうけど
*音の芯を掴む速さと持続
*息、唇、指、腹筋、喉・首・肩の脱力
*緊張をコントロールできるように
とにかく、この点を克服して、どんな状況でも「音が出ない!」「頭真っ白!!」
なんて状態に陥らないようになる。という意味での目標。
あとは人前での演奏に耐え得る、心地良い音、曲想をつける強弱・抑揚を出せるよう。


やりたい事は山のよう。理想にもっと欲張りに。
本当は、要領悪いし不器用やし、すぐに落ち込むし自暴自棄になるし、何をやるにも人の何倍も時間かかるけど。
そやから、焦ったり、から元気出してみたり、現実逃避してみたり・・・。
そんな自分も受け入れつつ、しっかり現実を見つめて、足を地につけて、自分の中心にしっかり芯を置いて、ブレずに目標に向かっていこう!


新年一発目、音楽スタジオで篠笛練習♪

今日は、今年最初の音楽スタジオでの練習。
年末年始あまり練習が出来なかったので、もう一度ふりだしからの気持ちで。


先生にいただいた指練習の楽譜で、立平管八本調子の練習。
六本調子に慣れてしまっていたので、八本の指孔の間隔に慣れるように。
左手を唄口に添えて唇に持っていく方法と、吹いている構えのまま唇に持っていく両方のやり方で、音の芯を掴めるように。
唄口の中心線と唇の位置の勘を徐々に掴む。つい唄口を見てしまう癖を直さねば

音の芯にはまると、大甲3まで腹圧も必要ないことに気づく。
腹圧で押して音を出していた時は、唄口が微妙にズレていたのだろうと思う。
「先生が言っていたのは、こういう事やったんか」と、体現して、納得して。
徐々にスピードを上げていきながら、一音一音確実な音出しができるように。

一通りやったら、教室レッスンの課題曲も数回練習。今度はジャズナンバー。
洋楽を篠笛でどう演奏すればいいか、まだよく分からない。何事も実践あるのみ。


◆◆◆ おやつ休憩(笑) ◆◆◆


後半は立平管六本調子の練習。
同じように指練習の楽譜から。今度はまた六本の指孔の間隔に慣れるよう。
間隔が広い分、速く指を動かすのが難しい。肘まで目一杯使って、大きな動きの中で指を動かすと、滑らかな動きになる。

こちらは八本よりは腹圧も必要。
でも、大甲音は八本より出しやすい。管が太いからかな。
余計な力を入れずに、だいぶ楽に吹けるようになってきた。

一通り終えたら、自作曲の練習。
あれからまた新しい曲を作って、只今鋭意特訓中(笑)。
例の桜の曲『桜姫』はしばらく吹いてなかったので、最後に練習した日から上達しとりません(当然)
この春合わせを目標に、何とかYouTube投稿に漕ぎ着けたいなぁ


ほんま曲数が増えると、どういう風に時間配分していったらええんやろかと悩む。
毎日数回ずつ、万遍なく練習するのもいいような気もするし。
ある程度のレベルに達するまで、一つの曲に専念するのがいいような気もするし。
膨大な曲数を熟すプロの人の練習に、24時間密着!(笑)してみたい。

     

久しぶりにがっつり練習できたので、気持ち良かった
暖かくなったら、またシダックスにも練習に行きたいなぁ。今はエアコンで乾燥して、万全のコンディションで吹けないのが想像つくし。加湿器持参しようかな(笑)。
人の気配を感じながらの練習は、緊張を克服するためにもいいかなと思う。


虹♪

今日の午後4時40分頃。
雨が降ったり止んだりの曇り空、急に東の方角が夕日に照らされて光り輝いたので、窓を開けてみると虹がうっすら。
そのうち小雨が降り出し、虹の色がより一層はっきりと見え出して。

20160107a

20160107b

七色ちゃんと識別できるほどの、こんなにはっきりとした虹を見たのは初めてで、ちょっとテンショ上がってデジカメ取ってきて夢中でパシャパシャ

その後もしばらく、天から降りてきた光の橋を感動しながら眺めていました。
良い事が起こる一年になったらいいなぁ


今年もよろしくお願いいたします♪

謹賀新年

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします。
2016年 元日

 


このblogを始めてから、2度目のお正月を迎えることができました。
昨年一年間、ここを訪れてくださった皆様、コメントをくださった方々、私と関わってくださったすべての皆様に、心から感謝申し上げます。
昨年何より大きな出来事と言えば、プロの先生に篠笛のレッスンを受け始めた事に他なりません。それもこれも、このblogを通じて出会いをいただいたお蔭で、私の人生にとって、とても大切な出会いとなりました。

今年は、昨年浮き彫りとなった様々な問題点・弱点を克服して、更に前を目指して、使いものになる(笑)篠笛吹きになっていきたいと思っております。
blogのサブタイトルは「特技欄に『篠笛』と書く日を目指して」となっておりますが、更にその先の野望を胸に秘めつつ・・・



「・・・おい、野望というものは、ひとつずつじゃ。その先などと自惚れおって」

「はぅ、音之芯様! この度は誠に、明けましておめでとうござりまするぅ~」

「篠笛を始めて、かれこれ2年か・・・・・・・・・・・・」

「な、何なのかしら、この間は・・・(ビクビク)」

「いつになれば、おぬしはわしに追いつけるのかのぉ・・・・・・(溜息)」

「はぁうぅうぅ~、今年こそは音之芯様のお心を射止められまするよう~~

「謙虚な心で師の教えを仰ぐのじゃ。わしは常におぬしの背後におるぞ

「はぁ~いごぉ~~~


      


今日は、氏神様の伊射奈岐神社に初詣でに行ってきました。
今年は篠笛持参で参拝。芸能の神様ではないけど、氏神様にも「篠笛やってますんで、どうかひとつ」とアピールしておこうと思って(笑)。
また春になれば、車折神社にもお参りに行こうと思っている。


20160101a

20160101b

20160101c


プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR