FC2ブログ

ちょっと気楽に。

お久しぶりです。
篠笛以外のことで忙しくしているうちに、練習も日記の更新もついつい後回しに。
最近は、1日とばしとか2日とばしにしか練習できていない。
というか、そのくらいの(心に占める)割合でやったほうが、自分を追いこまず楽しんで練習できるような気がしている。

今は楽遂管、蘭情管、竹心、それぞれを万遍なく練習している。勿論ロングトーンから。
楽遂管で「音が掠れる~」となって、そこで置いて蘭情管を吹いて、また「音が出ない~」となって、また置いて竹心を吹く。で、また楽遂管に戻ると、「あれ、何か音が良く出てるよ~」と不思議な相乗効果を発見したり。

なんと、あんだけ手こずっていた竹心が、今は何だか吹きやすく感じる。
呂音から甲音への移行の時、三管の中で一番スムーズに音が流れているように聞こえる。指移行の瞬間の、音のひっくり返りが一番少ないみたい。なんということでしょう~(ビフォーアフター風に^^)

あと、三管それぞれのメリ・カリの加減の違いとか、唇の位置やスリットの厚みの違いなども、吹きながら感覚で掴めるようになってきた。これも、一管に固執せず気楽にやるようになったせいかもと。

それと、いつもアドバイスくださる方(密かに“師匠”と呼んでいる)から、演奏が単調にならぬよう、もっと音の強弱や抑揚をつけて吹けるようにとお言葉を頂いたので、ベテランの方の演奏を聴いたりしながら、自分なりの吹き方を模索しているところ。

★20141028

新しい練習レパートリー「花は咲く」。ピアノやコーラス用の楽譜しか見つけられなかったので、吹きやすい調に変えて練習。
自分の好きなマイナーな曲ばかりレパートリーに入れてる私が、流行とか人々が知ってる曲を選ぼうと意識したのは、初めてじゃなかろうか。
「アナと雪」は一回挑戦してみたが断念。難しすぎる…

まだまだ安定した音には至らないのだけれど、良い音の出る領域を軸にして、じわじわと一音ずつ、その幅をひろげていけたらいいなぁ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

既にできているようでしたら失礼かもしれませんが、音の出し方について私が教わったこととして、すべての穴をふさいだ状態で、三種の音を連続で出せるようになると曲を演奏するときに音の違いが出せるようになる、といわれました。三種というのは、低めの音、少し高い音、高音の3つです。これらの音を、息の吹き方等を変えることで一息で出せるようにする、ということですね。参考になりましたら幸いです。
練習も、自分が楽しめなければ嫌になってしまうと思うので、ぜひご自分のペースで頑張ってください。

ピエロさま

コメントありがとうございます。

>すべての穴をふさいだ状態で、三種の音を

筒音の倍音のことですよね。
ロングトーンの練習の時に、たまにどこまで出せるかやってみるのですが、5倍音が限界点です(>_<)

筒音が出せることは大事なんですよね。
まだ安定した筒音(一番低い音)が出せないので、低~中~高の音出し練習をしっかりやりたいと思います。

良いアドバスをありがとうございました♪(*^ω^*)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます。

情報をありがとうございます。
まだ先のようですので、検討してみたいと思います。
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR