FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube2曲追加♪今回は竹心。

今回は、初録音!竹心での演奏をYouTubeにUPしました
最初に言い訳を 竹心は楽遂管ほど練習していなくて、ほぼ初心者に近い状態なので、これが竹心の「最初の一歩」と思って、お手柔らかに視聴お願いいたします。




「荒城の月」
最初に竹心、次に楽遂管で吹いたものを並べて編集しました。聴き比べに。
竹心は0の連音(指打ち)の時にヒャウンって感じの音が入る。楽遂管より指孔が大きい分、同じように指を開けていたら余分な空気抵抗が生まれるのではと解釈。次からは意識しながら指打ちを改善していこう。
音色はよく似てる気がする。吹き方が同じだからって事か?
吹いている感触は、竹心のほうが音がよく響いて(遠くに届いて)いる感じがした。



「にっぽん昔ばなし」
「竹心はほぼ初心者」とか言いつつ、「無理してシリーズ」やりました。
以前からちょこちょこ練習して録音もしていたが、なかなか上手く最後まで吹けず。
今回の録音は、全体的にゆっくりしたテンポで吹いていたので、初竹心にしてはまずまずの出来かなと。
後で元歌を聴いてみたら、最後のほうの音を間違って吹いていたみたい
楽譜なし記憶を頼りの無謀演奏(笑)につき、大目に見てやってくださいまし。


吹き比べてみて、ドレミ管のほうが唄用より吹き易いと感じた。
竹心は「唄用」となっているがドレミ管で、楽遂管は純粋な唄用の指孔になっている。
難儀していた竹心のくっついた指孔(三孔と四孔)もどうやらもう問題ないみたいだし、唄用では音程が合わせにくい音もきっちり調律されているし。
もっと練習を積んでどっちも吹き熟せるようになれ!という話やけども、現時点では、吹くたび唄用のメリ・カリが微妙に変わってる気がして、もうどうしたらよいやらと
習いに行くようになったら、これらの悩みも全部解決すると期待している。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。