FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠笛教室でのレッスン*1回目

今日は、初めての出口煌玲先生の教室レッスンを受けて来ました


古民家風のカフェで、生徒は私を入れて三人。
レッスンの雰囲気は、ゆる~く自由に和気あいあいと、な感じ。
ガチガチが苦手な私にピッタリだなぁと思う。
何より、先生が気さくすぎる…

手の関節についての講義や、今回も「目から鱗」な興味深いお話が盛りだくさん。
いかにして余計な力を抜いて、自然体で演奏できるようになるか。その基礎を色んな切り口から教えてくださる。
そして、楽譜どおりに吹くプラスアルファの、篠笛らしい吹き方のテクニックも教えていただく。

出口先生のオリジナル曲の楽譜も練習。
超私好みの、侘び寂びに満ちた、これぞ“The篠笛”な一曲。
お手本の先生の演奏にまたまた酔いしれ…。
楽譜どおりの演奏と、プラスアルファの演奏を吹き比べてくださり。
吹き方でこんなに曲のイメージが変わってしまうんだと感動。
自分もあそこまで吹けるようになれるやろか!?


もぅ、自分以外に篠笛を吹く人が隣にいることが嬉しくて
三人の音がハモっているのが嬉しくて
でも、自分が一番下手くそだったのも事実で…

まだ頭で考えながら吹いていたので、どれもぎこちない感じにしか出来なかったけど、次回レッスンまでの一ヶ月の間に、今日学んだ事をどれだけ自然体でやれるようになってるか、やなぁ…

「頑張ったら吹けなくなる」が先生の教え。
「一生懸命」とか「必死に」という意識は捨てて、あくまで自由に、自然体で。
でも、「自由」であることって、「自然体」であることって、案外難しい???

何だか今、無性に篠笛を吹くのが楽しい


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。