FC2ブログ

久しぶりのプラスチック篠笛。

今日は音楽スタジオで練習。

今日は久しぶりに、最初に使っていたプラスチック篠笛を持参。
新しい八本調子を買うと決めたので、「竹心」でついてしまった指のクセを治すのが目的。

約2ヶ月半ぶりに吹いたら、音が出まへん。スースーフカフカ言うてます。
竹の笛と…と言うより、笛によって息の加減とかやっぱり微妙に違うんやろうなぁと。
気にせず吹いているうちに、だんだん音も出てきて調子も出てきた。

そして、なんとなんと、あれ程苦労している0の音が百発百中で出る!
そっかぁ、プラ笛の時は普通に吹けてたんやな~。いや、気持ちいい気持ちいい
2時間の練習時間のうちに、指の感覚もだいぶ取り戻せたようだし。矯正成功


ところで、今日「楽遂」さまからコメントを頂いた。篠笛初心者の私には雲の上の存在の方です。だからという訳ではないけれど、新しい八本調子は「楽遂管」にしようか、とまたまた心が揺れております。
どれがいい、悪い、っていう評価も人それぞれにまったく正反対だったりするし、調べれば調べるほど分からなくなってくる。本当に何にも知らないド素人なので、もう悩みすぎて吐きそうになるくらい…
でも、もうそろそろ決心して、注文しなければ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

違う笛を吹くと音がなかなか出ないですね。歌口の形状が違うとか入れる息の角度とか筒を付ける下唇の位置とかが笛によって違うのかなあと思ってます。

楽遂さんからコメントを戴いて良かったですね。楽遂さんの黒竹の笛が欲しいと思ってますが、最近三本調子を買ったばかりで手が出ないです。

霧の小次郎さま

コメントありがとうございます。

やはり、笛1本1本の形状の違いなどが影響するんでしょうね。
それぞれの笛の性質を見抜いて、上手く付き合っていかなければ、ですね。

楽遂さんの吹き手への思いやりに心動かされました。
黒竹の笛、男らしくてかっこいいですよね。
篠笛って数揃えないといけない物だから、結構大変ですね。
かと言って、あまり安価な物で済まそうとも思えない…。
本当に厄介な代物にハマったものです(汗)^^
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR