FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに古墳で篠笛練習♪

春の陽気に誘われて、前回から半年ぶりに古墳へ篠笛を吹きに行ってきた
ハイキングの団体さんや、土筆取りの親子さんや、たくさんの人が歩いていた。

★20150321_01


下界(笑)は無風状態だったが、池の土手に上がると、割と強い風が吹いていた。
ぽかぽか陽気だったが風は結構冷たく、笛を吹いていると指がかじかんで来るほど。

前回は風に翻弄されて、ろくに吹かずに帰ってしまったが、今回は、正しい吹き方に近づいているお蔭か、風の中でも吹くことができた。
横からの風はやっぱり音を消してしまうが、真正面から風を受ける向きに立って吹くと、弱い息でもちゃんと音が鳴った。
『おお、凄い! 前は風のせいにしてたけど、吹き方が悪かったんやな。こんな弱い息でも、風に負けんと音が鳴ってるやん』(以上、心の声)

最初は、緊張して周囲に気が散ってしまっていたが、「音の芯」を探すことに意識を集中しているうちに、だんだん吹くことに専念できるようになっていった。
笛の中が適度に湿り温まっていくまでは、なかなか本調子(当社比)が出ないが、吹いているうちにだんだん芯のある音になっていく。

【本日のお品書き】
 さくらさくら
 荒城の月
 朧月夜
 宵待草
 越後獅子の唄
 花蕾
 じょんから女節
 もののけ姫

風を受けて吹きながら、「弱い息で吹く」が何となく分かったような気がした。
こうして、何度も「何となく分かったような気」がして、また分からなくなってを繰り返し、いつの間にか上達していくんやろかなぁ・・・

そして、広い池の真ん中に浮かぶ古墳に向けて音を飛ばすようなイメージで吹いたら、高音もとてもよく鳴った。
一番最後に吹いた『もののけ姫』の音で、周囲の空気もビーンと震えたような気がして、ちょっと興奮してしまった。
先生のご指導の「イメージで音を響かせる」ってこういう事かな、と思った。

ああ、ついに音之芯様と私の心はひとつに溶け合い、、、、

★20150321w
(イメージ画像)

笛の音がええ感じになって誰かに聴いて欲しい頃には、周囲に人影はなく
気持ち良さそうに水面をたゆたうカモ達だけが、耳を傾けてくれているようで…。

★20150321_02

今回で、外の広い空間での練習がクセになってしまった。
空気を震わせたあの音を、もう一度出したい!
音響効果のいい音楽スタジオとはまた違う、大自然と共鳴する興奮と醍醐味(大袈裟)を味わってしまったからには、今日だけの奇跡だったとは言わせないわっ!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ。

私の笛の発表舞台が決まりました。
和太鼓の祭り会場でちょろっと吹いたのを入れると
人前で吹くのはこれで2度目。緊張します。
お題は「故郷」「村祭り」です。

ところで少し不躾な質問をさせてください。すみません。
毎日どれだけ練習をしたら、かなでさんのように上達しますか?
私は10分から30分程度なんですけど、
毎日吹くようには心がけています。

発表会では吹かないけど、もののけ姫、
私も家でこっそり練習をしています^^

ひまめさま

コメントありがとうございます。

発表会で笛を披露されるんですか!
練習にも気合いが入りますね(^O^)/
陰ながら成功をお祈りしています。

私の練習時間は、短い日は1時間位、長い日は4時間(音楽スタジオの日)で、だいたい2~3時間が平均かと思います。
本当はもっともっと練習したいんですけど。
私も毎日吹くようにと心掛けていますが、たまに飛んだりする事もあります。
たとえ10分でも、笛を持つだけでも、毎日続ける事が大事だとどこかで読みました。

「もののけ姫」はなかなかに難しい曲ですよね。
私も早く、人前で堂々と演奏できるようになりたいです。
お互いに頑張りましょう♪

No title

こんにちは


やおちゃん達と出会ってから、それまでほとんど縁の無かった
奈良市、天理市、橿原市、桜井市方面に行くようになり
ライブのついでで古墳もいくつか行っていますので、
写真の古墳にも行っているかもしれません。

いいところだなと思ったのは、大和西大寺駅近くの
「日葉酢媛命陵」、「成務天皇陵」、「称徳天皇陵」の間の道
明るい日差しの静寂の中、鳥がさえずり、風に水面が揺れて
「あ~、この近くに住めたらいいな」なんて思いました。

こんなところを歩いていて篠笛を吹いている人がいたら・・・・
映画の一シーンみたいです。

のんちゃんさま

こんばんは、コメントありがとうございます。

私も奈良県知らない所の方が多いです。(≧д≦)ゞ
西大寺の古墳、地図を調べましたら、3つの古墳が道を隔てて並んでいるんですね。
いつかその道を歩きに行きたくなりました。気持ち良さそう~♪

もっと上達して、道行く人が足を止めてくれるような演奏が出来るようになりたいです。
因みに、私が行くのは崇神天皇陵です。
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。