FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube投稿『越後獅子の唄』

2日前には愚痴を書いて「ガス抜き」などとほざき、いつも愚痴る度に「書かなきゃ良かった」と後悔し、「もっとしっかりせんか」と自分に発破をかける、の繰り返し。

というわけで、今日は無我の境地で(笑)自宅練習。何故だかすこぶる笛の調子が良くて、久々にYouTubeに投稿してみようという気になり、一曲集中で練習と録音。



『越後獅子の唄』
美空ひばりさんの名曲。
以前投稿したものと聞き比べて、目に見えて(耳に聴こえて?)成長していないのが悲しいが、教室で教わった打ち指で装飾音を付けるテクニックを鋭意練習中なので、そこらへんが若干の変化だろうか?

調子の良い日は、高い音も無駄に力まずに鳴らせるようになってきた。
そうなってくると、音の芯を上手く捉えられている時と出来ていない時の、笛に吹き込む息の苦しさや、首・肩の力み具合の違いが自分で分かるようになってくる。


「目標がない」などと、、、「笛を上達すること」が今一番重要な目標であろうが!!
・・・という、音之芯様の愛の鞭が飛んできそうなので、四の五の言わず、一つでも物に出来るように、吹きます!ただひたすらにっ!!


★20150412


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

頑張ってはりますねー。^_^

この曲はわても大好きでおますよ。

是非、有名なイントロから入って欲しいなあ。
わては下のyoutubeからイントロを採譜して楽譜を作ったでー。
https://www.youtube.com/watch?v=JtWZNpMMm78

やっぱりイントロから吹くと全然違うよ。

聴きました

聴きました!

篠笛って、こんな音だったんですね。

私の母親は若い頃、琴をやっていて、
先生の代わりに生徒に教えることもあったそうで
宮城道雄さんにも会った事があると言っていました。

それなのに
残念なことに私は音楽の才能を全く受け継いでいないようなので
感想を言葉に表わせないのですが

自然に囲まれたところを歩いていて、聞えてきたら・・・素敵です。


篠笛の下に敷かれているのは
斧、琴、菊 の図柄でしょうか?
昔、横溝正史のミステリー小説を読んだ時に
「よき、こと、きく」の図柄の話が出てきたものの
絵がなかったから、どんな図柄だろうと思ったことでした。

霧の小次郎さま

コメントありがとうございます。

最近ひばりさんを聴くようになったのですが、良い曲がたくさんありますよね。
「越後獅子」はぜひ篠笛で吹きたい!と思った曲です。

あれこれ調べていて、霧の小次郎さんの作成された音源を見つけました!
私もCDを聴いてフルコーラスの耳コピー譜を作っていたのですが、いつも楽譜を開かないので、すっかり忘れていました(阿呆です-_-;)。

今日ちょっとフルコーラス吹いてみましたが、前奏・間奏が入るとやはり全然違いますね。
次はイントロ入りで再挑戦したいです♪

のんちゃんさま

コメントありがとうございます。

お母様は琴をされていたんですね。生徒さんにも教えていらしたなんて凄いです。
宮城道雄さんを存じ上げず調べましたら、あの「春の海」などを作曲された方なんですね。

私の父親は若い頃、ギターやハーモニカを我流でやっていた事があるようですが、その遺伝があるのやらないのやら…。

演奏も聴いてくださって、ありがとうございます。
プロの篠笛奏者の方の演奏を、YouTubeなどでぜひ聴いてみてください。
私のとはきっと、全然音色も違うはずです。
私が好きでよく聴いている奏者の方は、狩野嘉宏さんという方です。


画像の布は、仰るとおりの「よきこときく」の図柄です。
100円ショップで購入しました。和物が大好きなんです♪
横溝正史の小説に出てくるんですね。

聴きました♪

凄いです!とても上手に吹かれてて羨ましく思えました♪
目標、私の今の目標はステージに出る事ですけど・・

「笛を上達すること」が今一番重要な目標

素晴らしい言葉ですね。
私も甲音が難なく吹けるようになる事が今の目標です^-^
ところで私達は年中祭りやステージなどで太鼓を叩いています。
いつか奏音さんも太鼓チームに所属して笛を吹いてはどうでしょう^^

ひまめさま

コメントありがとうございます。

YouTube聴いてくださってありがとうございます。
私は良い音の出るポイントを探すのに時間が掛かってしまうので、ぱっと構えてすぐに演奏できるようになるのが最優先の目標です。

>太鼓チームに所属して

これは考えてもみませんでした。
奈良にも太鼓チームは色々あるみたいです。
何だか迫力に圧倒されてしまいますが、太鼓と一緒に吹けたらカッコイイでしょうね。
とにかく今は、いつどこでもさっと吹けるように上達に励みます♪
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。