FC2ブログ

今日はシダックスで篠笛練習。

久しぶりに外での練習。
そして、「楽遂管」デビュー!! ひゅーひゅーぱふぱふ

教則本「篠笛ワークショップ やさしい篠笛の基礎」に沿って、口の形、息の出し方、姿勢など、一から勉強し直し。
それにしても、「楽遂管」本当に音がでやすい。筒音がむっさいい音で響く。上達したような気になってまう

呂音はわりとすらすら進んだが、甲音はやはり出しにくい。音は鳴るけど、空気の抜ける音が目立つ。
大甲音までいったが、本のとおりにやってみてもなかなか上手くいかず。音が出るには出るが、途切れ途切れになる。
無理矢理吹いて、奇跡の大甲音5がスースーの後ろで一度っきり微かに鳴った。

「倍音」というのが書いてあって、同じ指の形で息の速度を上げると、2倍、3倍……と高い音が出るという。
筒音で吹くと、2倍で六の音、3倍で3の音……やってみたら、そのとおりの音が鳴って、「おお、なんで筒音でミが鳴るんや!?」と一人で盛り上がっていた

あと、メリ・カリが大きな壁になりそうな予感。
前の笛はドレミ調だったので、七メ、三メの時くらいしかメリ・カリを意識しなかったけど、今度の唄用はメリ・カリで微調整しないと音痴なドレミになってしまう。
メリ・カリの表を見ながら、まだ頭と手がちぐはぐで1曲吹いてみたけど、これを会得するのは至難の業だわ。でも、何事も「継続は力なり」と思い、精進あるのみですな。


今日の練習で得た教訓は、「腹式呼吸でないと篠笛は吹けない」です。
当たり前の事なんやろうけど、ついつい「試しに吹いてみよう」って時に、口先だけで音を出して吹いたりしていたんやけど、あんな癖は付けないほうがいいなと思った。
普段から基本をきっちり踏まえていれば、無意識にでも正しい形で吹けるようなるんだろうと。当たり前の事なんやけど、こういうのを疎かにする人間やったな、わし。

まだ、いい音の出るポイントの勘がなかなか掴めなかった。これも一朝一夕にいくもんやないんやろう。
「一日も早く」と焦る性格を直して、根気良く吹き続けるのが一番の近道なんやろうと己に言い聞かす。
「急がば回れ」「千里の道も一歩から」。「コツコツ山の笛吹きさん」になろう(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした♪

シダックスでの練習、お疲れ様でした♪
呂音が出やすく
甲音のなると空気の抜ける音が目立つ!
やはり初めのうちはそうなんですよ
唇の形やら息の角度やらでちょっと難しいので
唇の形は呂音のままで息の勢いだけ増すと
酸欠にもなりますし空気の抜ける音もします。
呂音については唇はある程度ルーズでも良いですが、
甲音はある程度ピンポイントにエッジに速い息が
当たらないと!出にくいですね♪
頑張って下さいね。

それからメリ、カリは笛の角度で調節ですね、
唄用でも差ほど問題なくドレミに対応出来ます♪
篠笛ワークショップ1、2には詳しく書かれていますよ。
これも頑張って下さい♪

楽遂さま

さっそくコメントをありがとうございます。

アドバイス嬉しいです♪
教則本にもピンポイントに息を当てる事が書いてありました。
とても詳しく書かれた本なので、独習でも心強い味方って感じです^^

メリ・カリは首の上下の微妙な加減で調節するんですね。
耳を研ぎ澄まして、自分の吹く音を聴きながら探っていきます。
ありがとうございます、頑張ります♪

頑張ってますね♪

シダックス・・・カラオケボックスで1度だけ練習したことがあります。
音を気にせず吹けるので案外イイですよね~♪

みなさん、練習場所には苦労されてますよね。
私は自宅で吹いたり、教室で吹いたり、地域の音楽室で吹いたりと割と恵まれているかもしれません。

甲の音は難しいですよね。
呂音がスムーズに音が出せるようになった方でも、甲音になると安定して鳴らせない・・・
頑張って甲音を出そうとして、カラダがガッチガッチになって吹いていることが多いです。ぜひチカラを抜いてリラックスして吹いてみてくださいね~

ファ━*・゚・。+━p(´∀`*)q━+。・゚・*━━イト

みゆま こと 西田真由美さま

コメントありがとうございます。

私はシダックスと音楽スタジオを借りて練習していますが、練習時間的には全然満足できていません。
自宅でもたまに吹くのですが、やはりご近所を気にして100の力で吹けませんね。

仰るとおり、元々体が硬いので、ついつい力が入ってぎゅ~っと笛を押さえていたり、喉を閉める原因になっているんでしょうね。
リラックスして吹くことを心掛けてやってみます♪

No title

頑張ってますねー。(^^♪

最近、公園での練習は蚊に刺されて往生してます。
蚊よけのリングを両腕にしてますが、効果はありまへん。
これからは蚊との戦いになります。

霧の小次郎さま

コメントありがとうございます。

公園で練習されているんですね。
私ももっと恥ずかしくないレベルになれれば、公園とか古墳(笑)とかで練習もできるだろうかと思っているのですが。

蚊に邪魔されては、練習に集中できませんね^^;
虫よけ対策も大切ですね。
霧の小次郎さまも頑張ってくださいね♪
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR