FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠笛個人レッスン*2回目 & 教室レッスン*6回目

昨日は、出口先生の個人レッスンと教室レッスンを受けてきた。
(※発表会の日の個人レッスンは臨時的な短時間のものなので回数に含まず)


個人レッスンでは、先生が個人レッスン用に作曲された楽譜をいただき練習。
笛は、「上手く吹けずに難儀してますねん」と、蘭情管七本調子を使用。
蘭情管の特徴に合わせた唇の当て方なども、ご指導いただいた。

手にした楽譜を最初にぱっと見て、前奏部分の16分音符の羅列にギョッとする。
比較的易しい本編の部分から、先生のお手本演奏に続いて吹いていく。これは楽譜を見ながら初見で吹けた。ピアノをやっていたのが、ここで役立っている。

先生の作る曲は、とっても私好みで吹いていてとても心地良い。
先生がハモリパートを演奏して、二重奏もした。至福・・・
まだ先生の音を聴いたり、リズムを意識したりする余裕はなかったけど、綺麗にハモっているのを感じた時は、とても気持ち良かった。

が、前奏が想像以上に高度すぎる
先生の演奏を聴いて絶句(@_@;)
一音ずつゆっくりと、音符をいくつかに区切って・・・色々な方法での指の練習。
最初はもつれていた指も、今日の自宅練習では幾分か滑らかな動きになっていった。
兎にも角にも、反復練習あるのみ!


      


教室レッスンのカフェへ移動。

リズムレッスンは、今回も生徒さんのジャンベを叩かせていただきながらの練習。
普段の生活では、なかなかリズムを取る習慣が付かないので、レッスンではついつい頭で考えながらリズムを取ってしまい、指摘を受ける。

レッスンでは、メトロノームの音に合わせて、体でリズムを取りながらジャンベを叩き、自然とリズムに乗れる(リズムと一体となる?)状態にまで持っていく練習。
全身を、五感すべてを、リズム世界に浮遊させるようなイメージ?

日頃からリズム音楽に触れる機会を増やし、自然とリズムを刻んでいるという体質になるのが理想かなぁと。
和楽器をやるからと、和の曲からだけ学ぶのは間違いと気づかされた。



篠笛の教室レッスン。
今回から新しいお囃子曲をやる予定だったが、何と楽譜がまだ出来てない? え、吹きながら教える!?
というわけで、昔の民謡などのように「口伝」でのレッスンと相成った。何か興奮。

こちらも、基本は指の練習。
打ち指と並んだ音の指移動を、滑らかに、素早く出来るようになる練習。
指のどの部分で押さえると動かし易くなるか、開く指の動かし方、など。
一音ごと、ワンフレーズごとに練習・・・それらを繋げると、曲が出来上がっていく。

それを、呂音と甲音で吹く練習。
同じ音なのに、甲音になると途端に難しく感じる。音を出すのにまだ苦労しているので、それが押さえる指にまで影響してしまうのかも。
一音ずつゆっくりから始めて、どの音も確実に鳴るようにならなければ。

 ■ ■ ■

今回は、何気にフルコース(笑)。
でも、自分の中である覚悟が定まったので、これからは今まで以上に練習に身を入れて、1日でも早く上達できるように励みたい!


      


余談ながら、どうしようか悩んでいた唄用の篠笛の事を、先生にご相談してみた。
唄用篠笛は、古典調篠笛からドレミ管が作られるまでの過渡期に作られた笛で、古典調に近いというお話をしてくださり、更には笛を手に取り、ぴぃひゃらとお囃子風に奏でてくださった。
なんと、 まんま祭囃子に聞える! 唄用の不安定な調律がこんな風に化けるとは!!
発想の転換。まさに、目から鱗。耳からも鱗!(笑)

これがとても面白く感じて、この唄用八本調子はこのまま持っている事に決めた。
将来どこかで、先生が吹いたような祭囃子(風)の演奏が出来るかも!
と、楽しみが出来た


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レッスンお疲れさまです

口伝レッスン、難しそう!!
私達の太鼓の先生がよくやる手です。
太鼓だから、ドン伝かしら。
これがもう毎回、めっちゃ苦労してますw

祭囃子の曲、いいですね*^-^*
太鼓で屋台ばやしという曲があるんですけど、
この笛の音がまた高速で難しそうで・・
いつか吹けたらいいなぁって思ってます。
でも今は村祭りの曲を頑張って覚えたいと思います^^

ひまめさま

コメントありがとうございます。

ドン伝・・・上手い事おっしゃる(笑)。

お手本を見て真似して練習が一番分かり易いのでしょうが、やはり楽譜も欲しいですよね。難しい曲になると、絶対に覚えきれなくなる…。

「屋台ばやし」って難しいと言われる曲ですよね。
難しいと言われると、挑戦してみたくなるんですが。(^^ゞ

「村祭り」って♪村の鎮守の神様の~ですか?
太鼓とかと合わせたら、いい雰囲気になるでしょうね♪
頑張ってくださいね!(^O^)/
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。