FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はちょっとゆったり自宅練習♪

昨夜、佐藤和哉さんがユニクロのCMに出演されているのを見た。
篠笛を知らない人たちにも、「あれ、何て笛?」って興味を持って欲しいなぁ



只今、自宅練習中。
今日は、ツイッターでもないのに、練習しながらリアルタイムで記事を書いていこうかなぁと。まぁ、更新するのは、全部終わった後なんだけど(笑)。

今日は、久しぶりに蘭情七本調子も出してきて吹いている。

先日のレッスンで、唄口に唇を当てる時のコツを教えてもらったら、かなりの精度で良い音の位置を探し出せるようになった。
散々悩んできた問題が、ほんの少し助言をいただくだけでスルッと解消するとは。
なので、ちょっと蘭情管も吹けるようになってるんじゃないかな、と思って。


出口先生作曲の『五條』で、ロングトーンの練習から。
甲音が結構いい音で鳴ってる。
七孔を開ける1の音がまだガラクタ。
チューナーとにらめっこでピッチ合わせしながら。
呂音の息が強すぎたら、3あたりから下がっていくと喉が開いて楽な音が出る。
すると筒音も鳴る。
ありゃりゃ、二、一が鳴らなくなってきた。
唄口の角度と唇の角度を再確認。丹田と息のイメージもよく意識して。
唄口の位置がバッツリ嵌まると、筒音~5まで音が出る。奇跡のような確率で。
1の音、まだガラクタ。
(以上、時系列で実況報告)

1時間吹いたところで、ちょっとコーヒータイム。
佐藤和哉さんのHPで演奏をつまみ聞きしながら。
佐藤さんは、見た目は今時の若者って感じなのに、とても和風な古風な曲を作られるのが、私の好みにもぴったりで好きな篠笛奏者さんのお一人。
ちなみに、あと好きな篠笛奏者の方は、狩野嘉宏さん、勿論、出口煌玲先生


練習再開。
コーヒー飲んでる間に熟成されて(?)、音が若干良くなってる感じ。
1も鳴るようになってきた。
この調子で『荒城の月』を吹いてみた。
潔い音が出しやすい感じ?
1時間弱ほど練習して、録音。・・・ふふ、よく分かったわ・・・(華麗に消去
気分転換に『古城』を吹いて、蘭情管はこのくらいに・・・。

次に竹心八本調子を吹いたら、おっほっほ、面白いほどええ音鳴るやん!
蘭情管のあとの細い笛は、結構楽に音が出せるんや。
日が暮れてきたので、『天女の舞』と『荒城の月』をさらっと通して1回ずつ。

楽遂六本調子で、『荒城の月』と『花鳥風月』を2、3回ずつ。
こちらも最初から割かし楽に音が出せた。筒音も鳴った。
あまり意気込まず、ふわっと吹いた方が楽に大きな音が出るような気がする。


最後に、ちょっとオトンに吹いてるところを撮ってもらって、今日の練習は終了。
調子良く音が鳴る日の練習は、とってもとっても楽しい。

20151002


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。