FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽スタジオで篠笛練習♪

今日は、音楽スタジオで篠笛練習。
これから暫くは、立平管八本・六本調子の練習に専念。


八本調子のほうは、レッスンでいただいた指練習の楽譜でみっちり笛に慣れるよう。
色々な音の並びのパターンを、一つずつ吹いていく。
ここでの練習は時間もたっぷりあるので、一つ一つにじっくり専念できるからいい。

今までに教わった、肘~指までの動きをまずシミュレーションしてみてから、吹きながら肘・指の角度などを確認。そして、だんだんスピードを上げていく。
何度か繰り返して、つっかからずに吹けるようになったら、次のパターンへ。
当たり前の練習なんやけど、自宅ではなかなか時間が取れず、これだけじっくり考えながらの練習は出来ていないのが正直なところ。

そして、教室レッスンでの新しい楽譜もいただいたので、4~5回さらっと練習。
そこまでを終えたら、何と3時間が過ぎていた。あかん、あと1時間あらへんっ!



六本調子のほうは、例のお蔵入りしていた桜の曲を。(昨日の日記参照)
レッスンを思い出しながら、何回か通して吹いて、イメージや吹く速度を掴んでいく。
そして、打ち指や装飾音を使って、先生のお手本に近づけるように、部分部分の吹き方を試していく。
指の動きが何だかぎこちない。打ち指、装飾音を入れる時に、指・肩にガチガチに力が入っている事に気づく。いかんいかん、リラックスリラックス
脱力して指をふわっと動かしてみると、指の動きがスムーズになった。

全然未完成やけど、とりあえず録音して聴いてみる。
お、何か琴みたいに聞こえてる?篠笛らしい琴のような音になってる。ええ感じやん。
でも、途中のオクターブのところが難しい。何回も練習するが、なかなか上手くいかない。息継ぎの場所、打ち指を入れる場所など、色々模索する。
まだまだ、課題がいっぱい。YouTubeまでは遠い道のり。

「思い切りよく」吹くことを忘れず。
最初はぶっきらぼうな音だったのが、吹いてるうちに芯のある澄んだ音になっていく。
とにかく、音が出なくなってもそこに一点集中してしまわず、外へ前へと意識を向かわせられるクセをつける。
こぢんまりと収まった演奏ではなく、少々大袈裟なくらいに大胆に演奏できるように。

それにしても、やっぱりよう響くわぁ、立平管。
音が良く出ると吹くのも楽しいし、打ち指とかで篠笛らしい吹き方をすると、更に楽しい気分になれる。「楽しい練習」って、これなんやろなぁ



ところで、いつもスタジオに行くと、アーリアのボーカルの方とお話するのだけど、
「発表会、どうでした?」と聞いてくださったので、緊張して散々だった話をしたら、自分も緊張したと昔の体験談なんかも話してくださった。
失敗して動揺してを繰り返していたが、「失敗しても気にしなくていい」と気持ちを変える決心をしたら、ある時ふっと緊張のスパイラルから抜け出せた、みたいなお話で。

すぐには難しいけど、時間を掛けて回数を重ねていくうちに、必ず抜け出せるから。
失敗しても萎縮せずに、自分の気持ちがちゃんと目標の方を向いていれば大丈夫。
と、励ましてくださった。
今では、そんな緊張していた頃の片鱗も感じられないステージを披露されているプロの方のお言葉は、とても勇気づけられるし希望になる。

私も、もっと自分に自信を持って、「失敗しながら成長しとる最中じゃわい!」と開き直れるくらい、心臓に毛を・・・ゴホゴホ・・・強靭な精神の持ち主になりたい!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。