FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年一発目、音楽スタジオで篠笛練習♪

今日は、今年最初の音楽スタジオでの練習。
年末年始あまり練習が出来なかったので、もう一度ふりだしからの気持ちで。


先生にいただいた指練習の楽譜で、立平管八本調子の練習。
六本調子に慣れてしまっていたので、八本の指孔の間隔に慣れるように。
左手を唄口に添えて唇に持っていく方法と、吹いている構えのまま唇に持っていく両方のやり方で、音の芯を掴めるように。
唄口の中心線と唇の位置の勘を徐々に掴む。つい唄口を見てしまう癖を直さねば

音の芯にはまると、大甲3まで腹圧も必要ないことに気づく。
腹圧で押して音を出していた時は、唄口が微妙にズレていたのだろうと思う。
「先生が言っていたのは、こういう事やったんか」と、体現して、納得して。
徐々にスピードを上げていきながら、一音一音確実な音出しができるように。

一通りやったら、教室レッスンの課題曲も数回練習。今度はジャズナンバー。
洋楽を篠笛でどう演奏すればいいか、まだよく分からない。何事も実践あるのみ。


◆◆◆ おやつ休憩(笑) ◆◆◆


後半は立平管六本調子の練習。
同じように指練習の楽譜から。今度はまた六本の指孔の間隔に慣れるよう。
間隔が広い分、速く指を動かすのが難しい。肘まで目一杯使って、大きな動きの中で指を動かすと、滑らかな動きになる。

こちらは八本よりは腹圧も必要。
でも、大甲音は八本より出しやすい。管が太いからかな。
余計な力を入れずに、だいぶ楽に吹けるようになってきた。

一通り終えたら、自作曲の練習。
あれからまた新しい曲を作って、只今鋭意特訓中(笑)。
例の桜の曲『桜姫』はしばらく吹いてなかったので、最後に練習した日から上達しとりません(当然)
この春合わせを目標に、何とかYouTube投稿に漕ぎ着けたいなぁ


ほんま曲数が増えると、どういう風に時間配分していったらええんやろかと悩む。
毎日数回ずつ、万遍なく練習するのもいいような気もするし。
ある程度のレベルに達するまで、一つの曲に専念するのがいいような気もするし。
膨大な曲数を熟すプロの人の練習に、24時間密着!(笑)してみたい。

     

久しぶりにがっつり練習できたので、気持ち良かった
暖かくなったら、またシダックスにも練習に行きたいなぁ。今はエアコンで乾燥して、万全のコンディションで吹けないのが想像つくし。加湿器持参しようかな(笑)。
人の気配を感じながらの練習は、緊張を克服するためにもいいかなと思う。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。