FC2ブログ

ちょっと浮上♪

昨日、断崖絶壁に立たされた私は、もう一度、ほんまにほんまの一から勉強し直し。
「篠笛ワークショップ1・2」を両方開いて、歌口の両端を持って音を出すところから。
腹式呼吸と胴に力を込める、笛に息を入れるところから更に喉を広げる、笛を吹く姿勢…。一通りおさらいしたら、笛の音もどうにか元通りに。(綺麗な音に…ではなく、あくまで元通りに…)
よ、よかった~、二度と吹き方が分からなくなったらどうしようかと思った
露切りで笛を駄目にしてしまったわけでもなかったみたいだし。
因みに、今は「楽遂管」のみに絞って練習中。

吹けるようになったら気持ちも楽しくなってきて、楽譜関係なく頭に浮かんだ曲を勝手な調で吹いたりしていた
「おてんとさん」「おじいさんへのおてがみ」「千本桜」…「千本桜」は途中で玉砕
実は勝新好きの私 なかでも大好きな「おてんとさん」。筒音から始める難しいバージョンと、三から始める易しいバージョンを見つけたので、どちらもレパートリーに追加できるよう練習だ。
泣けてカラオケで歌えない「おじいさんへのおてがみ」が、篠笛でなら吹けた!!(笑)
この曲、なかなか篠笛向きかも。
「千本桜」はまさに超絶技巧の極みって曲だわ。いつか吹けるようになったら凄いな。


今回のことで痛感。定期的に最初に戻って、基本をおさらいする事の大切さを。
無意識のうちに、少しずつ、万遍なく、基本形からずれていってしまうんやろうな。
機械でも時々ネジを締め直さないとグラグラになる、そんな感じやろか。特に最初の頃は、まだ正しい型も体に馴染んでないし。

それから、ちょっと出来ると出来たような気になるのも禁物。次の日には出来なくなってるんやから。で、また、出来なくなったからと、すぐ落ち込んで自信をなくすのも禁物。「根気強い人」が篠笛には向いているらしいから。

昨日の「崖っぷち」からは何とか這い上がれたけど、これで大丈夫とは思わずに、今より落ちず上達していけるように精進あるのみ。
自宅で練習できると分かったので、毎日少しでも必ず吹くことを目標にしよう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR