FC2ブログ

今日は音楽スタジオで篠笛練習。

今週から、週1で音楽スタジオをお借りすることにした。
また変わるかもしれんけど、暫くはこれで様子見。
シダックスは、電車の回数券がまだ残ってるので、その分は行ってこようかと。
その後は、まったくの未定。フリータイムだとどうしても飲食してしまうし…。


昨日は自宅で基礎をやったので、今日は曲の練習をした。
これからは、自宅で基礎練習、音楽スタジオでその成果を確認、みたいな感じでいこうかなと。また変わるかも…(以下略)

エアコンで除湿をしておいてくださったんだけど、笛の音が割れた感じになったので、エアコンをOFFにして扇風機に切り替えて練習した。
さすがに室内が蒸してきて、水分補給をしてしまった。一口ずつに控えたけど。

エアコンって、どの程度笛に影響するんだろう? もともとクーラーは好きじゃないから、つけられなくても問題はないんだけど。
自宅で練習の時も、窓や襖を閉め切るので、扇風機で汗かいてやってる。それがまた、終わったあと清々しい気分になるんだけど。


いつも練習している曲を順に吹いていったが、まだ本当に「吹いてるだけ」な吹き方。
綺麗な音も満足に出せない状態やから仕方ないけど、そろそろ曲想もつけて吹けるように練習していかなあかんかなぁとか。色んなことを同時進行でやっていかな。

偉そうなこと言って、まだ初級者レベルしか吹けへんのやけど
簡単な曲ほど表現するのが難しい、とピアノを教えてもらっていた先生も仰っていた。
簡単な童謡とかでも、曲の雰囲気や情緒を壊すような吹き方はダメだし。
プロの方の演奏をたくさん聴いて、五感で何かを掴んでいかなければ。
一本独鈷の笛烏(笑)は、色んな人から技を盗んで、真似して、覚えるのだ!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

笛の割れに付いて。

練習を頑張ってますね。
簡単な曲ほど表現が難しい!
まったくその通りですね♪

笛の割れに付いてですが、
一概に乾燥だけが原因ではありませんが、、、
急激な乾燥は一番悪いかな、急激な温度変化もです。

その他、篠の年齢!
4年物以上古い篠竹は柔らさがなくなって
割れやすくなります、筋張って硬くなり
癖が出てきます、
芯まで硬くなるので割れた時はパックリと大きな
ひびが入ります(修理不能)

柔らかい篠竹(3年物)なら小ひびで済むかな
管の内側まであまりひびが届かないから
修理で元の音色に戻ります。

とにかく、吹かないときは何時でも
笛袋に入れて置いてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

楽遂さま

コメントありがとうございます。

急激な乾燥と温度変化が弱点の篠笛…。
これから猛暑になったら対処が大変そうですね。

篠の年齢とは、篠笛になる前の年齢?地面に生えている時の年齢ですか?
篠笛になってからだと、何十年でも使い続けますよね。
もし割れたら、自分で修理される方もおられるようですが、私みたいな素人はプロの方にお願いしたほうがいいですよね。

練習中以外は、いつも笛袋に入れてます。
今は暑くなってきたので、家で一番涼しい納戸の収納BOXの中に保管してます。

そうです♪

笛になってからの年齢ではありません(笑)
タケノコで芽を出してからの年齢です。
秋に切り出して、約3年はねかせておきます、
それから笛になるのです。
ですから、タケノコで出てきてから
6~7年はたってます。

収納ボックス、良いですね
でも少しは空気が通らないとカビが(笑)生えるかも。

楽遂さま

さっそくお返事ありがとうございます。

切り出してからの年齢なんですね。
タケノコが篠笛になるのかと思うと、何だか不思議な感じがします。
でも、本当に自然の素材で作られた楽器なんですね。

収納BOXはホームセンターとかに売ってる、木製の組み立て式の収納箱です。本体と扉の境目には隙間もあるので、たぶん風通しは悪くはないと思うのですが…。
今は湿度も高い時期なので、笛袋にのみ入れてBOXに置いてます。冬場とかは、笛袋の上からビニール袋に入れて保管してます。
乾燥も怖いですが、カビも生やしたくないです!!(>_<)

ちょっと違うかな(笑)

切り出してからも3年ほど置きますが、
年齢は芽が出てからの3年です(笑)

切り出して3年は冬と夏を何度ものりきる事によって
収縮と膨張を繰り返し強度のある篠になるためです
ダメな篠はその間に割れてしまいます。

木製のボックスなら大丈夫ですよ
気を使っているうちは大丈夫です(笑)

楽遂さま

あ、何だか勘違い(汗)。
芽が出てから切り出すまでが3年なら、「3年物」ということですね。

切ってきた竹をたくさん束ねて、空気にさらしている画像を見かけますが、ああやって竹を丈夫にしていくんですね。
本当に手間暇かけて、丁寧に篠笛は作られているんですね。

>気を使っているうちは大丈夫です(笑)

うふふ、よく分からないうちは、必要以上にあれこれ世話を焼いてしまいますね^^;
何年経っても、ぞんざいに扱わないようにしなければ。
プロフィール

奏音(かなで)

Author:奏音(かなで)
2014年2月より、奈良の片田舎でひっそりと篠笛の練習に励んで…いや、篠笛に弄ばれております。やり始めて篠笛の厄介さを痛感、この「暴れ馬」をいかに乗りこなせるようになるか…。
★2015年1月より、プロの先生の指導を受け始める。一歩前を目指し、今まで以上に精進する所存。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フラッシュ時計「櫻の風」

『Chris's Crime』

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
文楽みくじ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR